Illustratorでイラストを描こう

鉛筆ツールの設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、イラストレーションの下絵をトレースする際に使いやすいように、鉛筆ツールの設定を変更する方法について、ご紹介していきます。
講師:
07:19

字幕

このレッスンではイラストレーションの 下絵をトレースする際に使いやすいように 鉛筆ツールの設定を変更する方法について ご紹介していきます 鉛筆ツールの設定を変更するには ツールパネルの中の鉛筆ツールのアイコンを ダブルクリックしてください 「鉛筆ツールオプション」の ダイアログボックスが出てきますので 項目を一つずつチェックしていきましょう まず「精度」の項目です ここに「精細」から「滑らか」まで 五段階の刻みがついています 一番精細にしておくとマウスですとか ペンタブレットで描いた線 少し手の震えなども全て拾って 細かな動きも全て再現したパスにしてくれます 逆に「滑らか」の方にふりますと 細かい震えなどは単純化して つるっとした感じのパスを描いてくれます では試してみましょう まず精細に一番振り切ってみます 細かめに描くと このように途中で アンカーポイントが沢山あるー 精密なパスになります これを逆に滑らかの方に振りますと 同じように 細かめに振っても アンカーポイントが少なめの つるんとした感じのラインになります これはお好みで設定をしてください この作例ではなるべく つるんとした印象の線にしたいので 一番滑らかにしておきます 次の項目です 「鉛筆の線に塗りを適用」 こちらをチェックつけておきますと 鉛筆ツールで描いた時のパスに 「塗り」を自動で付けてくれます やってみましょう 塗りにヴィヴィッドな色を設定しておきます そして描くと このように… 鉛筆ツールで描いたパスに対して 塗りをつけてくれます 今回の作例では鉛筆の線のみで 作品を作っていきたいので この項目はチェックを外しておきます 次の「選択を解除しない」 こちらの項目についてお話をします これのチェックがついていない状態ですと 描いたパスがすぐに選択解除されます やってみましょう 一度 今まで描いたこちらの線を 消してしまいます そして 鉛筆ツールで描いてみます このように描き終わった 一番最後に描いたラインも 全て選択が解除された状態になっています 設定を変更してみます 「選択を解除しない」に チェックが入っていますと 描き終わった一番最後のラインが常に 選択された状態になっています このレッスンではこの状態 一番最後に描いたラインが いつも選択されている状態で 作業を進めたいと思います 次の項目です 「Option キーでスムーズツールを使用」 こちらにチェックをつけていますと どうなるかというと  この様にラインを描いた後に Option キーまたは Alt キーを押すと マウスカーソルの形が変わります キーを押している間は スムーズツールになりますので この様に描いたパスの上になぞると パスが単純化されます この項目にチェックを入れるかどうかは お好みで行ってください 鉛筆ツールと Option キー または Alt キーの組み合わせは もう一つ使い方がありますので ご自分がどちらを使いたいかによって この「Optionキーでスムーズツールを使用」に チェックを入れるか外すかを決めてください もう一つの方法というのが何か というご説明しますと チェックを外してみて Option キーを押しながら描くと 直線が描けるという機能があります しかし この「Option キーでスムーズ ツールを使用」にチェックがついていますと この直線を描く機能が 使えなくなってしまいます ですので直線をメインに描く場合には このチェックボックスを外した方が 描きやすいと思います 逆に曲線をメインに描いて スムーズツールを使って パスを直したいという方は チェックを入れておくとよいでしょう では次の項目です 次は「選択したパスを編集」という項目です これが何を表しているかと言いますと 鉛筆ツールで一度描いたライン こちらの近くに寄せてもう一度書くと 先ほど描いて選択された状態のパスが 編集されてつながります この項目のチェックを外しておきますと 一度描いたラインのそばで描くと 別のラインになってしまいます これもどちらを選択するのかは お好みですけれども 私は「選択したパスを編集」に チェックが入っていた方が 描きやすいので入れておきます ご自分でどちらがやりやすいかを確認して チェックを入れるかどうかを決めてください ちなみにこの下の「範囲」という項目は 一つ前に描いたパスと次に描いたパスが 何ピクセルくらい近づけば編集するのかどうか という範囲を指定してくれます これを増やせば増やすほど少し離れた場所でも 二番目に描くパスが一番目に描いたパスを 書き直して繋がるということになります ここではデフォルトの 6pixelに しておきましょう では最後にこのレッスンお勧めの 鉛筆ツールのオプションを見直してみましょう 精度は一番滑らか 鉛筆の線に塗りを適用しない 選択を解除しない Option キーでスムーズツールを使用する 選択したパスを編集する 範囲は6pixel こちらでレッスンを進めて行きたいと思います 以上 このレッスンではイラストレーションの 下絵をトレースする際に使いやすいように 鉛筆ツールの設定を変更する方法 についてご紹介してきました ご自分の好みの設定を色々探してみてください

Illustratorでイラストを描こう

Illustratorの各種ツールでイラストを描いてみたいと思いませんか?このコースでは鉛筆ツールやペンツール、遠近法グリッドなど各種ツールを使ってIllustratorでイラスト制作をする方法を紹介します。また、このコースを見れば、あなたのイラスト制作環境がもっと快適になり、できることの可能性が広がっていくでしょう!

2時間56分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。