Illustratorでイラストを描こう

身体の大きなパーツをトレースする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、手描きの下絵のなかでも身体の大きなパーツの部分から、トレース作業をしていく様子をご説明します。そして、各パーツをレイヤーを使って管理していく方法もお話しします。
講師:
09:54

字幕

このレッスンでは 手書きの下絵の中でも 身体の大きなパーツの部分から トレース作業を開始する方法をご説明します そして 各パーツをレイヤーを使って 管理する方法もお話しします では早速 作業を始めていきましょう 身体の大きなパーツ つまりこの輪郭線になるところを 先に作っていきたいので 「レイヤー1」の名前を 「身体」にしておきます そして ズームツールを使って 顔の部分から始めていきましょう 「ペンツール」を選択します 「塗り」の設定は 「塗り」が無し 「線」に色がついている状態に しておいてください では 始めていきます この様にへこんだ部分ですとか 膨らんだ部分に アンカーポイントを打っていくのがコツです この折れ曲がってるところに 必ずアンカーポイントが付きますので こちらに打って 次のアンカーポイントを打とうとする方向に 少しハンドルを延ばします そして ふくらみの中央部分辺り この長い曲線の中央部分辺りに アンカーポイントを打って 少しハンドルを延ばします 次に 耳の頂上の所で アンカーポイントを打って 延ばします 今 こちらの描線が 少し膨らみすぎてしまったので 修正したいと思います 「ペンツール」の描画途中で キーボードの option またはAlt キーを押すと 「アンカーポイントツール」に 変わりますので こちらを使って 描線を直接修正します そして角の所に また アンカーポイントを打ちます ふくらんでいる所 へこんでいる所を 目安にしながら アンカーポイントを打っていきます ふくらみの一番トップの部分 そして ハンドルをあまり延ばしすぎずに 短めにしておくと 線が歪みにくくなります 今描いているところのように 次に 「く 」の字に折れ曲がるところ こちらは option キーを押しながら 「アンカーポイントツール」にして ハンドルを曲げた後に 描画を続けます そして 耳のこの折れているところの様に 後でパーツを重ねるところ これはパーツを重ねても良いように 少し大きめに食い込んだ状態で 描いておいてください 今描いたところの上に 耳の折れたパーツを重ねて作ろうと思います クローズする時に option キー もしくは Alt キーを押しながら閉じると 一番最初に打った アンカーポイントのハンドルを崩すことなく パスをクローズすることができます これで顔のパーツを囲むことができました 続けてやっていきましょう 次は この耳の折れた部分です 折れ曲がるところは option キー または Alt キーを押して ハンドルを次の方向に曲げてから つなげます 少し下絵よりずれている所は 後で修正をしていきましょう この首の所の肌も必要なので 大きめに囲っておきます 次は手の部分 手の部分も少しポケットに 食い込むように大きめに 袖の所も少し袖に食い込むように大きめに 身体のパーツを描いておくのがコツです 重ねた時に隙間ができないように この部分 そして この部分も 少し大きめに トレースをしました では 最後は足です 足の部分も靴と重なる所を 大きめに囲います そしてスカートの裾と 重なるところも大きめに 反対側も同様にやっていきます ここまでの作業で身体の外側のパーツを トレースすることができました パスが少し崩れてしまったところを 直しておきましょう ここが気になるので ズームツールを使って拡大しておきます パスがポコッと曲がってしまっていますので こちらを修正していきましょう ハンドルがこの様に 傾いてしまっていますので 傾きを直します なめらかな描線になるように 微調整をしてください そして この部分のハンドルも もう少し拡大をしてみますと 上のハンドルが外に出ていた方が きれいな線になりますので 「アンカーポイントツール」を使って ハンドルを折り曲げておきます 「ズームツール」を使って option または Alt キーを押しながら少し引いてみます 肘の部分も少し調整をしておきましょう 「ダイレクト選択ツール」を使って ハンドルを表示させて 肘の曲がり具合を整えます この様に まずは身体のパーツを 全てクローズパスとして作成をして その後に「アンカーポイントツール」や 「ダイレクト選択ツール」を使って 微調整をしました では「塗り」と「線」の設定を入れ替えて 「塗り」に色を付けていきましょう 「選択ツール」に持ち替えて 「スウォッチ」を使いたいと思います 「レイヤー」パネルを少し小さくして 「スウォッチ」パネルを開いてください 「スウォッチ」パネルが こちらに表示されていない方は 「メニューバー」の「ウィンドウ」から 「スウォッチ」を選択します 左下の「ライブラリ」から 「自然」そして 「植物」を選択してください 「植物」の中に使える色が無かったので 別の「ライブラリ」を開きます 「テキスタイル」 こちらを選択してみましょう 「植物」のパネルと重ねてしまいます では この「テキスタイル」の 「スウォッチ」を使って 「選択ツール」でまず 一番大きな輪郭線を選択して 「塗り」を選択して手前に出します そして こちらのピンク色を選択します 「線」は無しにします 耳の折れ曲がったパーツ こちらは もう少し 薄目のピンクにしてみましょう 左下にある薄目のピンクを使います 「塗り」をクリックして手前に出した後に 「スウォッチ」をクリックします 「線」は無しにします そして 「ズームツール」を使って 首の所を少し拡大しましょう この首の部分のパーツ こちらを選んで 薄めのピンクにした後に 「線」に色を付けてしまったので 「塗り」の方に入れ替えてから この首のパーツを重ね順を 下にしておきたいと思います 「メニューバー」の「オブジェクト」から 「重ね順」 「最背面へ」にして 首を顔より下に入れてしまいましょう 「手のひらツール」を使って少し寄せた後に 両腕は顔と同じ色にします 「スポイトツール」を使って 顔の色を拾います 「手のひらツール」をダブルクリックして 足も同様に選択してから 「スポイトツール」をクリックして 顔と同じ色にします ここまでで 身体の大きなパーツの トレースは完了です 次のレッスンでは さらに細かいパーツを トレースしていきましょう

Illustratorでイラストを描こう

Illustratorの各種ツールでイラストを描いてみたいと思いませんか?このコースでは鉛筆ツールやペンツール、遠近法グリッドなど各種ツールを使ってIllustratorでイラスト制作をする方法を紹介します。また、このコースを見れば、あなたのイラスト制作環境がもっと快適になり、できることの可能性が広がっていくでしょう!

2時間56分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。