Illustratorでイラストを描こう

植え込みの木を作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ここまでに描いた遠近グリッドに沿った建物の脇に、植え込みの木をブラシを利用して描き、グリッドに沿って並べていきます。
講師:
09:29

字幕

このレッスンではここまでに描いた 遠近グリッドに沿った建物の脇に 植え込みの木をブラシを利用して描き それをグリッドに添って並べていきます では 作業を始めて行きましょう まずは今まで描いた建物と木のレイヤーを 分けておきたいと思います レイヤーパネルを開いてください レイヤーパネルが見つからない方は メニューバーのウインドウから 「レイヤー」を選択します 今 レイヤー1の中に 建物のパーツが入っていますので レイヤー1をダブルクリックしてレイヤー名を 「建物」に変更しておきましょう そして ロックをかけておきます これで建物を不用意に触ることなく作業を 進められます 新しいレイヤーを1つ追加します レイヤーパネル右下の 「新規レイヤーを作成」をクリックして 「レイヤー2」 こちらをダブルクリックして 「樹木」にしておきましょう このレイヤーに木を描いていきます では木のブラシの元となるオブジェクトを 描いていきましょう まずは色をスウォッチパネルから 深緑色を選択します 次にこちらをご確認ください 選択面ウィジェットのところで― 遠近図形選択ツールを選んでから グリッドに依存しないという― この輪っかの部分 水色の部分をクリックします これをすることによって 外側の部分に図形を描くことができます 楕円形ツールを選択して 細長い楕円形を描きます この楕円形を木の葉っぱのような形に 変形をかけていきたいと思います ズームツールを使ってすこし拡大します メニューバーの効果から 「パスの変形」「ラフ」を選んでください プレビューのチェックを押すと このようにギザギザだったり 丸かったりする効果を掛けることができますので 木の様に見えるお好みのところで 止めてください 詳細の数値を少し大きめにして サイズをすこし小さめにしておきましょう では私はこれで留めておきます OK をクリックします 今このままですと効果を 再編集できる状態になっていますので アピアランスを分割して このギザギザのパスに変換しておきたいと思います 選択ツールに持ち替えてから メニューバーのオブジェクトから 「アピアランスを分割」を選択してください こうしますと楕円形のパスが消えて 外側のこのギザギザしたパスに変換されました これを利用します 次に木の幹を作ります 長方形ツールを選択して このように長細い長方形を1つ 描いておいてください これに茶色を付けていきます スウォッチパネルを外に出して 焦げ茶色を選択します 選択ツールに持ち替えて中央に重ねます そして 木の幹が下になるように 重ね順を変更します メニューバーのオブジェクトから「重ね順」 「最背面へ」を選んで後ろ側に入れてください この木をもう1セット作りたいと思います 選択ツールで両方を選んでオプションまたは Alt キーを押しながら ドラッグすることで複製します 葉っぱの部分だけを選択して 黄緑色に変えておきましょう これで2種類の木の元を 作ることができましたので これをブラシパネルに登録して ブラシ化します スウォッチはもう使いませんので バツを押して消しておいてください 次はブラシパネルを開きます 選択ツールで まずこの濃い緑の方の樹木を選んで ブラシパネルに ドラッグアンドドロップしてください アートブラシを選んで OK にします 名前を「樹木1」にしましょう OK をクリックします 次に黄緑色の木も同様にブラシ化します ブラシパネルに突っ込んで アートブラシ OK 名前を「樹木2」にします OK をクリックします このようにブラシ化しておくと 描いたパスに対して この樹木を適用することができるので 扱いやすくなります では進めていきましょう 手のひらツールをダブルクリックして― この樹木の元となるパーツはもう使いませんので 選択して脇によせておきます 次にこの遠近グリッドに対して 垂直なパスを描き そこに今作った樹木のブラシを 適用してみたいと思います 遠近図形選択ツールを押してから 選択面ウィジェットで右側面を選んでください そして縦方向の直線を描きたいので 直線ツールにして 塗りをなし 線は何色でもかまいません 適当な色をつけておいてください では グリッドに対して直線を描きます 右側の建物の少し奥の部分に3階分位の高さの 直線を描いてください 選択ツールに持ち替えて 次にブラシパネルを開きます 「樹木1」―先ほど作った このブラシをクリックします このように今描いた直線に対して 木のブラシが適用されました では今度のこのパスを複製していきたいと 思うのですけれども このとき選択ツールを使って複製してしまうと 遠近グリッドに沿わない複製になってしまいます 遠近グリッドに沿わせて複製するには 遠近図形選択ツール使ってください そして今描いたパスを選択します 次に Option キーまたは Alt キーを押しながら かなり近いところに複製をしてください 2本目の木ができました では これを繰り返していきます 変形の繰り返しはキーボードの Command D もしくは Ctrl Dです キーボードで Command D Ctrl D を押して繰り返していってください 遠近グリッドに沿ってだんだん近づくにつれて 木と木の間隔が広がって 木の高さも高くなった状態 つまり 遠近感がある状態で 複製をしてくれます では 今度は左側面にも同様に 木を描きましょう 選択面ウィジェットで左側面をクリックしてから また直線ツールで一番奥に直線を1本描きます そして ブラシパネルで 「樹木1」を選択してください 選択ツールを使ってバウンディングボックスで 多少 木の高さを調節しておきます 次に複製する時は必ず遠近図形選択ツールを使って Option または Alt キーを押しながら ドラッグしてマウスを離します 後は Command D もしくは Ctrl D を押すことで複製されます 一番手前の木は少し邪魔そうなので 消しておきましょう 4本だけにしておきます では 後は1本おきに 黄緑の木に変更していきましょう 選択ツールを使って1本おきに Shift キーを押しながら選択していきます 1本おきに選択できたところで 「樹木2」のブラシをクリックしてください これで1本おきに色が違う植え込みの木を 描くことができました 出来上がりを確認してみましょう ブラシパネルを閉じて メニューバーの表示から「遠近グリッド」 「グリッドを隠す」を選択します 建物と植え込みの木を描くことができました 以上 遠近グリッドに沿った建物の脇に ブラシで描いた植え込みの木を グリッドに沿って並べる方法を解説しました

Illustratorでイラストを描こう

Illustratorの各種ツールでイラストを描いてみたいと思いませんか?このコースでは鉛筆ツールやペンツール、遠近法グリッドなど各種ツールを使ってIllustratorでイラスト制作をする方法を紹介します。また、このコースを見れば、あなたのイラスト制作環境がもっと快適になり、できることの可能性が広がっていくでしょう!

2時間56分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。