初めてのMaya アニメーション

はねる雪だるまでキーフレームを練習しよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
上下にはねる雪だるまでMayaでのキーフレームアニメーションの方法を学びます。
講師:
07:02

字幕

このレッスンでは この「雪だるま」を使って キーフレームのアニメーションを始めます まず初めに アニメーションの 「プリファレンス」のセットをします このアニメーションは 全部で 72フレームにしたいと思います ですので 「1」フレームから始めて これ最後 「72」にします ついでですので この「レンジスライダ」の最後も 「72」にしておきましょう 「1」フレームから 「72」フレームまで そして アニメーション 「プリファレンス」にいきまして 「タイムスライダ」の「リアルタイム」 これを 必ず 「リアルタイム」にしてください そんなに重いキャラクターではないので この「再生」ボタンを押せば 「リアルタイム」で 再生してくれるはずです 次に この「設定」にいきまして 「設定」の時間を 「フィルム(24 fps)」 これに変えてください フィルムは 1秒間に24フレームあるんですけれども このアニメーションも 72フレームありまして 全部で 3秒のアニメーションになります では アニメーションを始めましょう まず この「雪だるま」を選びます そして フレーム「1」に 「タイムスライダ」を持っていって 「キーフレーム」をします まずは 「移動」しか 「キーフレーム」しませんので 「Shift」と「W」キーを押してください 「Shift」と「W」キー すると 赤いこの線がつきまして こっちの 「移動X」と「Y」と「Z」も 「キーフレーム」されます 次に 半分のところまで持っていきます 「36」フレームまで持っていきまして そして この「雪だるま」を「移動ツール」に変えて これぐらいまで前進させます そして 「キーフレーム」します これ 「Shift+W」です そして 次に 「72」フレームまでいきまして また前進させて 「Shift+W」で 「キーフレーム」です 今のところ アニメーションはこういう感じです 前進しています 次に この間の 「18」フレームまで持っていきまして そして 上にあげます こういう感じです そして 「Shift+W」を押します 次に 「54」フレームまで持っていきます また 上にあげます そして「キーフレーム」です 「Shift」と「W」キーを押してください こうして 「キーフレーム」を5つ入れました これによって アニメーションはこういう感じになります どっかこう 宙に浮いたような感じがするのですけども なんかこう 雪だるまが 下にどんと落ちた感じがしないのは これは アニメーションのカーブのせいなんです それを直すために 「グラフエディタ」で見てみましょう 「ウィンドウ」「アニメーションエディタ」 「グラフエディタ」を選びます ここに 「カーブ」が3つありまして これを 「F」キーを押すと キーボードの「F」キーを押すと このように 集中的に見ることができますので 「F」キーを押してください まず 初めに この 「X」の これ赤いのが「X」で 緑が「Y」で この青いのが「Z」のアクシスです まず この「キーフレーム」なんですけども いらない この黒いのが 「キーフレーム」なんですけども いらない「キーフレーム」があるので これをまず消します ここと 「Shift」キーを押しながら 複数の「キーフレーム」を選べます ここですね 「X」の この真ん中の3つの「キー」 そして この 「Z」の2つの「キー」 これいらないので これまず消してください 「Delete」キーを押してください これで だいぶすっきりしました そして この「X」なんですけれども 一定のスピードにしたいので 今 こういう感じの「カーブ」に なっているんですけれども この「グラフエディタ」 右側がフレームの「ナンバー」 フレームの「数」になっています そして こっちが 「X」と「Y」と「Z」の値です 常にこの雪だるま Xの方向に動いているので このような だんだんとこう上がっていく 「カーブ」になっています そして この「カーブ」なんですけど このゆるやかなところ ゆるやかな「カーブ」のところは 遅いということです だから この「カーブ」だと 初めと終わりが遅くなっています そして 真ん中がこの もっと早くなって 一定のスピードで上がっています これを 一定のスピードにするには 真っ直ぐにする方法があるんですけど ここに 「ボタン」が1つありまして これをクリックすると 真っ直ぐになってくれます 今 このアニメーションを見ますと こういう風になっています こういう感じです だいぶ アニメーション的には すっきりしてきたんですけれども まだ 少し浮いている感じがしますよね この浮いている感じなんですけれども それは この「Y」アクシス 「Y」の軸のアニメーションに 関連しています この「Y」の軸に集中するために この「移動 Y」 これを押してください すると 他の「カーブ」がなくなります これ問題なんですけど これ見たらわかるように ゆっくり早く ゆっくり早く ゆっくり という風に動いています 特に このグラウンドにぶつかった時に ちゃんと こう 方向転換をすぐやってくれないと 浮いたような感じになってしまいます ですので この「接線バー」 「接線ハンドル」というのがありますので これを動かします どうやって動かすかといいますと この「ハンドル」の この右側 これをセレクトしまして 選択した後に 右マウスボタンを押して このように押し上げます こういう感じです こちらも同じように 選んで押し上げます こういう感じです この真ん中ですけども これ どっちに動かしても ゆるやかになってしまいます ですので これは 1度切る必要があります ここの「キー」で この2つの接線ハンドルを 切って 持っていくことができます それが この「ボタン」なんですけれども まず初めに この「キー」を選んで この「ボタン」を押します これ この「接線ハンドル」を分割してくれます こうして押して そして また この「ハンドル」を こっちからこう持っていって 反対側をこう持っていきます こういう感じです こうしまして アニメーションを見ますと こんな感じに ピョーンピョーンと もっと軽快な感じの アニメーションに変わりました これが まあ アニメーションの 「Maya」での キーフレームアニメーションの基本 そして 「キーフレーム」の入れ方 そして その「キーフレーム」の 編集の仕方が この「グラフエディタ」でやる ということです この「グラフエディタ」を 使うことによって 1つ1つの「キーフレーム」の 細かな動きを変えることができます 以上 雪だるまで習う 「Maya」での キーフレームアニメーションの方法と あとは 「グラフエディタ」での 編集の仕方でした

初めてのMaya アニメーション

このコースではMayaを使ったアニメーションのキーフレームの入れ方や、グラフエディターでの編集の仕方について解説します。モーションパスアニメーションによる車やそれを追随するカメラをアニメーションする方法、エクスプレッションを使ったタイヤのアニメーションなどを紹介します。最後にキャラクターを実際に動かし、歩くサイクルアニメーションを制作します。

1時間21分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。