初めてのMaya アニメーション

ベンドディフォーマーで残しの動きを付ける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このレッスンではベンドディフォーマーを使って、残し、フォロースルーなどのもっと前後に特徴的な動きのアニメーションをつけるテクニックについての解説をします

講師:
05:16

字幕

このレッスンでは この「雪だるま」のアニメーションに ベンドデフォーマという デフォーマを使って 残しの動きをつけたいと思います 残しというのは 英語のアニメーションのテクニックでは フォロースルーというのですけども 例えば この雪だるまの場合 この頭の部分が この体の部分より ええ 上の方に離れているので この頭を こうアクションをつけたい 例えば こう まず初めに こう飛び出す前に 少し頭を こう後ろにして そうして飛び出した 下りる時には 頭を下に などの動きを つけたいと思います まず 「フロントビュー」にいきまして この「雪だるま」を選びます そして この 「アニメート」 「ジオメトリ キャッシュ」の横にある この「デフォーマ」の「ノンリニア」 そして「ベンド」を選びます そして 「ベンドデフォーマ」というのがつきます 「アウトライナ」を開いて見てみますと ここに「ベンドデフォーマ」 「bend1Handle」というのがあります これ この「入力」のところに 「bend1」というのがありますので これの「曲率」 これを左マウスで選んでもらって この画面上で 中央のマウスボタンを 前後にしてもらうと 左に動かすと このように左に こう上を向く感じになって そして 前に動かすと このように下を向く感じになります こういう感じです これを まず「0」にしまして この「bend1Handle」 「bend1Handle」は この「snowperson」 この「雪だるま」ですね これの子供にならないといけないので また これの「アウトライナ」で 「bend1Handle」 中央のマウスボタンを押しながら この「雪だるま」の 「snowperson」の上に持っていきまして そして 中央のマウスボタンを離します このように「bend1Handle」 この「snowperson」 「雪だるま」の中に入りました 次は 「キーフレーム」なんですけども この「オートキー」 ついているのを確かめてください つけておきます まず初めに この状態で1回 何も起こっていないので この「曲率」 これに「選択項目のキー設定」をつけます そして 次に この後ろに下がっている時 この時に 少し 顔を前にします この「曲率」を選んで そして こういう感じに少しだけします ここで 勝手に「キーフレーム」されます この「オートキー」がついていますので 自動的に「キー」されます 次に こう飛び出す時 飛び出す瞬間に ここから ここまでの間の アニメーションとして このように 顔を後ろにします こういう感じです こうなります そして 1番上までいきましたら 「ビュー」パネル上で PCでは「Ctrl」キー Macで「Option」キーを押しながら 右マウスボタンを押して 左に動かして ズームアウトします 1番上までいきましたら この「曲率」を 元に 「0」に戻します 「キーフレーム」されます そして また 下がっていくんですけども この 下がる 落ちる前までに これを また前の方向に 持っていきましょう このようになります そして この最後にぶつかった時は 真っ直ぐにしておきましょう そして また上がっていくんですけど この時に また上を向かせます この瞬間的なアクションで かなりキャラクターがでると思いますので そして また1番上にきた時に これを また「0」に戻します こういう風になります それで また下に戻った時に 直前に これをまた 少し前にして そして ぶつかった時は もう少しだけ 時間をあけてから 元に戻します こういう風にしますと この フォロースルーの動き この頭が この体と独立して動いているような 動きになりますので このように もっと滑らかな こう 生物的な動きになります 以上 これが 残しのアニメーションテクニック ええ 英語でいうと フォロースルーというのですけども 大変重要なテクニックなので 普通に キャラクターアニメーションする時も 大変利用できます 覚えておいてください

初めてのMaya アニメーション

このコースではMayaを使ったアニメーションのキーフレームの入れ方や、グラフエディターでの編集の仕方について解説します。モーションパスアニメーションによる車やそれを追随するカメラをアニメーションする方法、エクスプレッションを使ったタイヤのアニメーションなどを紹介します。最後にキャラクターを実際に動かし、歩くサイクルアニメーションを制作します。

1時間21分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。