初めてのMaya アニメーション

シーンの準備と設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パスアニメーションのシーンを準備して、アニメーションプリファレンスの設定を行います。ライブサーフェスツールを使って、地面にカーブを描いておきます。
講師:
03:10

字幕

このレッスンでは この車を モーションパスにのせて アニメーションさせるための シーンのセットアップをします まず 初めに 「ファイル」 「プロジェクトの設定」にいきまして この「Maya_animation」の 「02」というフォルダに 「設定」してください そして この「シーンを開く」のですけども これは 「02_01_start.ma」というシーンです まず アニメーションの 「タイムスライダ」の設定をします このアニメーションは 「1」から「120」フレームまでなので ここを 「1」と「120」 そして 「レンジスライダ」の方も 「120」にしてしまいましょう 次に アニメーションの 「プリファレンス」にいきます このボタンを押して アニメーションの 「プリファレンス」を開けて 「タイムスライダ」を 「リアルタイム(24 fps)」 これにしましょう そして 「設定」にいきまして 「時間」 これをまた 「フィルム(24 fps)」にします まあ このシーンには この「地面」という 「地面」ですね そして この「ジープ」 この「車」のモデルと この「地面」のモデルと2つあります この「地面」の上に カーブを描いていきたいのですけども それに 最適なツールが 「Maya」にありまして 「ライブサーフェス」ツールといいます オブジェクトを 「ライブサーフェス」にすると そのオブジェクトの上に 「カーブ」を描けたりします それは この「ボタン」なんですけども この 「磁石」のマーク 「磁石」だけのマークのやつです 「ライブサーフェス」にしたい オブジェクトを選びまして この「ボタン」を押します すると 「ライブサーフェス」になります これで 「作成」「CVカーブツール」 これで カーブを描くんですけども 左マウスをクリックすると ポイントが描かれ そのポイントの間を カーブが埋めていきます このジープのある辺りから 始めましょう 1回押して また押して このように 何回か押して 好きなコースを描いてください 終わりましたら PCの場合は「Enter」キー Macの場合は「Return」キーを押してもらって このように カーブがかかります そして このカーブ この「地面」の上に しっかりのっています そして この これで こうスライドさせることも可能です この「グリーン」と この「赤」の 矢印を持って こう動かすと この表面の 「地面」の表面を こうやって動かすことができます この「カーブ」を使って この「車」をアニメーションさせます 以上 これが モーションパスアニメーションの セットアップでした

初めてのMaya アニメーション

このコースではMayaを使ったアニメーションのキーフレームの入れ方や、グラフエディターでの編集の仕方について解説します。モーションパスアニメーションによる車やそれを追随するカメラをアニメーションする方法、エクスプレッションを使ったタイヤのアニメーションなどを紹介します。最後にキャラクターを実際に動かし、歩くサイクルアニメーションを制作します。

1時間21分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。