選択とマスクの達人になろう!

選択範囲の追加、削除

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の選択範囲を結合するなどして、形状をコントロールする方法を解説します。
講師:
05:26

字幕

このビデオでは、選択範囲を 合体させたり、一部を削ったりして 自由な形を作る手順をご紹介します それでは、この選択範囲の形状のツールを 長押しし、楕円形選択ツールを開きます そしてこの二つの丸の色の部分を 選択したいと思います まず左の丸を選択してみましょう あてずっぽうにやっても、ぴったりと 合わせることはできません 始まる位置が違うとずれるので 丸をドラッグしながらスペースキーを 押しっぱなしにすると移動できます 後はこの位置をぴったりと合わせて スペースキーを離し拡大していって 少しずつ位置を合わせながら このような感じでやっていくと ほぼぴったり合いました これで離すと選択範囲が作られます 一旦選択範囲を解除します macの方はコマンド、windowsの方は コントロールキーを押しながらDを押すと 選択が解除されます 次は二つの丸の外周を選択 するにはどうしたらいいか 実はこれも先程の手順の応用で出来ます 先程は新規選択を使いましたが これだと、例えば一つ作り 別でもう一つ作ると 前のが消え、新しいものが採用されます それに対し 「選択範囲追加」ではどうなるか 見てみましょう まず一つ目を 同じように作ります こんな感じで これで離すと 選択ができます 右側も同じ要領で進めます 丸にぴったりと合うように 右側も選択できました マウスを離します この点線部分 二個の丸が合体して 全体を選ぶことができました 追加になっていると新しく 追加した分はそのまま追加しておかれて くっついた部分が合体して 一つの選択範囲になります 再度コントロールまたは コマンドDで解除します 次に、「一部を削除」をクリックします 同じように左の丸から始めます 同じように選択範囲をつくり 右側も同じように作ります この状態でマウスを離すと わかるでしょうか 円の外側と内側 三日月のような形ですね 三日月より少し太いお月様系になりましたが 「現在の選択範囲から一部削除」を使うと 後から追加した選択範囲を使って 前の選択範囲の一部を切り取ると いうことができまるんですね。 重なった部分は選択外になりますので 少し欠けたお月様になります 再度コントロールまたは コマンドDで解除します 最後に、「現在の選択範囲と共通範囲」 こちらを使用します 同じように左側から 右側も同じように作ります これでマウスを離すと 今回は中央部分が選択されました この共通範囲では、重なった部分だけが 残るような動作となります この4種類モードと 色々な形状を組み合わせると かなり柔軟に選択範囲を 作ることができるので 是非マスターしてください

選択とマスクの達人になろう!

写真の修整や画像の合成などにおいてPhotoshopで重要な役割を担うのが選択範囲とマスクです。これらをうまく使うことで、作成できる画像のバリエーションは大きく広がります。このコースではPhotoshopのさまざまな種類の選択ツールやレイヤーテクニックを実際に使いながら、それぞれの基本的な使い方について解説します。

2時間28分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。