選択とマスクの達人になろう!

多角形選択ツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
多角形選択ツールの使い方を解説します。
講師:
03:43

字幕

このビデオでは 多角形選択ツールの使い方を解説します 多角形選択ツール、これですね まず一つ目をクリックすると、 クリックした場所から線が引き出されます そして二か所目をクリックすると その間で直線になりますね そして二か所目をクリックすると その間で直線になりますね それを繰り返すことで このように多角形を作って 元の場所にポイントが返ってくると ポインターに丸が表示されるので、 この状態でクリックすると 選択範囲ができます 多角形選択ツールも このレイヤーの追加や 一部削除なども効くのですが 他の、例えばこういう形状の ツールと少し違ったコツがあります まず一個、適当な形を作りました 次にシフトキーを押しながら 一個目の点をクリックします いま、ポイントがプラスに なっているのわかると思いますが 一個目のみシフトキーを押しながら行って、 あとは離しても大丈夫です この状態でくっつけて作ると 合体します ここと同じ動作ですね 同じように一個目のクリックだけ macの方はオプション、windowsの方は ALTキーを押しながらクリックすると 今マイナスが出ていましたが これは一部削除、こことおなじ動作をします このような特徴があります この多角形選択ツールはポイントを いっぱい打っていくので、途中で 今の場所あんまりよくなかったな、 ちょっと戻りたいなというとき 全部やめてしまう必要はなくて Delキーを押すと 一個前のポイントがなくなります もう一回押すと、一個前がなくなります このようにDelキーを押すことで 改めてやり直すことができます 全部やり直したいというときには、 ESCキーでいっぺんに無くなります このツールを通常使用する際 例えばこの直線で囲まれた窓であれば 四隅をまっすぐ 繋いで行って 囲ったりするわけですが こういったものも 実はちょっとズームしてみると このように結構まっすぐでない 部分ってあるんですね このような時は どうしたらよいかというと 多角形選択ツールをもう一度選び まっすぐで済みそうなところは、 まずまっすぐ進んでおいて ここのカーブをつくりたいんですが macの方はオプションキー、 windowsの方はALTキーを押しドラッグすると 一時的に、投げ縄ツールとおなじ フリーハンドでの描画が可能になります やってみましょう オプションまたはALTを押しっぱなしにして ドラッグすると、 ここだけ自由な形に なぞれるようになっています また直線のところに来たら離すと また、多角形に戻ると このような形で、直線と 微妙な曲線を組み合わせて使うことができます このように臨機応変に使えるツールなので 是非とも活用してください

選択とマスクの達人になろう!

写真の修整や画像の合成などにおいてPhotoshopで重要な役割を担うのが選択範囲とマスクです。これらをうまく使うことで、作成できる画像のバリエーションは大きく広がります。このコースではPhotoshopのさまざまな種類の選択ツールやレイヤーテクニックを実際に使いながら、それぞれの基本的な使い方について解説します。

2時間28分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。