選択とマスクの達人になろう!

フチにフィルターを適用する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フチのレイヤーマスクにフィルターを適用し、凝った形に加工します。
講師:
03:15

字幕

このビデオでは、この絵の周りに縁を付けて それにフィルターを 適応する手順をやってみましょう まず長方形選択ツールを選んで このような感じで 周りに少し余白を残す様なかたちで 長方形の選択範囲を作ります そうしたら、新しくレイヤーを作成して ここにレイヤーマスクを追加します 今の状態だと真ん中が白くなって、 周囲が黒くなっていますね これは、中央だけ効果が適応されて 周囲がマスクされているという状態なので この状態でレイヤーをクリックして 選択を移して Macの方は「コマンド」、Windowsの方は 「Ctrl」を押しながら「A」を押します そうしたら、「Shiftキー」を押しながら 「Delete」を押して塗り潰しにして ホワイトを実行すると 塗り潰されるのですが、 このレイヤーマスクに従って 内側だけが塗り潰されてしまいます では一回、Macの方は「コマンド」、 Windowsの方は「Ctrl」押しながら 「D」を押して選択を解除してください この状態は、フレームとしては逆ですよね 縁としては これは逆転しなければいけないですが こういった時には、 このレイヤーマスクをダブルクリックすると この属性というウインドウが出るので、 ここで反転とすると マスクが反転されて この様に周囲に縁が付いた状態となりました これはいつでも反転できます そうしたら今度は レイヤーマスクの方が選ばれている状態で フィルターのメニューから フィルターギャラリーを開けてみましょう フィルターギャラリーは 色々なフィルターを 試しながら、またはいくつも重ねながら かける事ができるという画面ですね この中のブラシストロークの中で 例えば一個選んでみると 選ぶ物によって効果が変わってきますが 例えば、このはねをやって 値を大きくしていくと どんどんギザギザした感じになりますね ストロークスプレーというのも こんな感じですね こんな感じに、かける物によって 効果が少し違ってくるので 切り替えながら、違いも確認しつつ どんな感じになるか試していきます このはねで値を大きくすると、このように ギザギザになるので、 これでオッケーすると 写真の周囲もギザギザになります これで、選ぶフィルターによって パターンはいくらでもあるので 目でみながら好きな物を 選んでいただいて結構です 単に白い縁を付けるだけではなく、 こんな感じでレイヤーマスクを加工する事で 簡単に、こうした味のある縁を付ける事が可能です

選択とマスクの達人になろう!

写真の修整や画像の合成などにおいてPhotoshopで重要な役割を担うのが選択範囲とマスクです。これらをうまく使うことで、作成できる画像のバリエーションは大きく広がります。このコースではPhotoshopのさまざまな種類の選択ツールやレイヤーテクニックを実際に使いながら、それぞれの基本的な使い方について解説します。

2時間28分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年11月04日
再生時間:2時間28分 (50 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。