選択とマスクの達人になろう!

ブラシを使ってフレームを作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーマスクにブラシで描画することで、印象的なフレームを作成します。
講師:
03:38

字幕

このビデオでは、ブラシを使った 凝ったフレームを作ってみましょう まず新しくレイヤーを作成します 空のレイヤーができました そうしたら、Macの方は「コマンド」、 Windowsの方は「Ctrl」を押しながら 「A」を押して、全体を選択します そして「Shift」を押しながら 「Delete」を押して 塗り潰しホワイトを実行します そしてレイヤーマスクを作成するのですが この時に、Macの方は「オプション」 Windowsの方は「Altキー」を 押しながらクリックすると 真っ黒で最初から 真っ白な塗り潰しが何も見えない形で レイヤーマスクができて 先程の塗り潰しが見えなくなりました このレイヤーマスクに ブラシで描画する事で この周囲におもしろい感じの エッジを作ってみようと思います ではブラシツールを選んで、 そしてブラシのオプションにいきます そうしたら ブラシ先端のシェイプという所 色々あるのですが、今回は沢山ある中の このような形の37と書いてあるものを 使ってみましょう 他のものを使ってもできるので これを参考にして 自分の好きな物を使ってみてください そうしたら次に、シェイプという所に行って サイズのジッターを上げると、 ばらついた感じになります そして角度のジッターという所が ゼロだと角度がそろってしまうので、 値を上げると適度なばらつきが出ます そして下、ジッター類ですね この最初の真円率という所を 調整すると微妙に太さが変わるので、 これを少なめにしておきましょう そしたら次に、散布という所に行って この散布というのが大きくなればなる程 バラバラになっていきます あんまりバラバラでもしょうがないので、 これ位でしょうか 数というのも増えすぎると密集してしまうので この様な見た目になるくらいですね。 数のジッターというのも、少し大きめにすると 数の出来方がばらついて、 より自然な感じに見えてきます そうしたら不透明度は 50%にした上でブラシサイズを もう少し大きめに、 今200くらいでしょうか ではこれ位で、 このマスクのこの部分を選択したら まずは外周を一回薄く塗ってみると こんなふわっとした感じですね この様に囲む事ができました では更にここにもう一回ずつ仕上げで この様に塗ると クリスマスのような 幻想的な雰囲気の フレームを作る事ができました ブラシの形状を変えれば バリエーションは いくらでも考えられるので、ぜひとも 好きな形でチャレンジしてみてください

選択とマスクの達人になろう!

写真の修整や画像の合成などにおいてPhotoshopで重要な役割を担うのが選択範囲とマスクです。これらをうまく使うことで、作成できる画像のバリエーションは大きく広がります。このコースではPhotoshopのさまざまな種類の選択ツールやレイヤーテクニックを実際に使いながら、それぞれの基本的な使い方について解説します。

2時間28分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年11月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。