印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

写真を保存

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
料理の写真4枚を個別のファイルとして保存します。
講師:
06:33

字幕

このビデオでは 写真を 別ファイルとして保存します それではこのフライヤーの中の 写真というレイヤーですね ここにはいている料理の写真 4枚ありますが これをバラバラの 単一のファイルとして 保存しておきましょう それは イラストレーター単体では出来ないので フォトショップと連携します ではまずこの一番大きいものを 持っていこうと思うんですが 先にフォトショップの方で 台紙となる ファイルを作っていきます ではフォトショップに切り替えます フォトショップを立ち上げたら Macの方はコマンド ウィンドウズの方はコントロールを押しながら N を押して 新規書類を作ります そうしたら 幅 これは単位は Pixelにしておいて 幅 1440 高さ 960 解像度 72 カラーモード これが RGBカラー この設定で新規ファイルを作ります これは 縦横比が 横が3で2と 3:2 になっているんですが ここで使われている写真と 同じ比率になっているので これを張り付けるための台紙として フォトショップのファイルを作っておきます それでは イラストレーターの方で まずこの パスタの写真ですね これをクリックして選択します そして コマンドもしくはコントロールを押しながら C を押します これでコピーされたので フォトショップに移って そして コマンドもしくはコントロールを押しながら V を押します そうするとペースト形式というのが出てきますが これは スマートオブジェクト という形式で張り付けておきます OK して そうすると 写真が出てきますので これを左上にぴったり合わせた上で 右下まで持ってきて合わせて ぴったり合ったらダブルクリックします ここで スマートオブジェクトという 形式にした理由なんですが 今 貼り付ける時に 拡大しましたね これを この写真自体の 表示の拡大率を 100%にしてみて 写真を見た時に 写真に ぎざぎざが出たり ぼけたりしていなければ OKです それだけ 元の写真が持っていた 情報の範囲内で 拡大が済んでいるという事です これが 拡大が済んでいるという事です これが もしすごくギザギザが出てしまったり 画質が極端に荒れた場合には もともと イラストレーターからコピーした写真の 持っているピクセルが少ない という事なので 全体の台紙のサイズですね もっと小さくして貼り付けないと 画質が荒れてしまいます その時  画質が荒れてしまいます その時 このスマートオブジェクトという形式で 貼り付けておけば 再び 大きさの変更を行ったとしても 画質は荒れないんですが ピクセルという形式でやってしまうと 場合によっては 情報が失われてしまう事もあるので 情報が失われないように この ベクトルスマートオブジェクト これで張り付けています それでは これはOKなので 画像を統合 を実行して 1枚の画像にします そうしたら まず1枚目を保存しておきます コマンドもしくはコントロール S を押して では ここで Food 01 という名前で 保存しておきましょう そうしたら イラストレーターの方に また戻ります では 今度 このピザの写真をクリックして 又 コマンドもしくはコントロール C を押してコピーします では フォトショップに戻ります この写真を張り付ける台紙 新規ファイルを 何回も作ってもいいんですが ちょっと面倒なので 効率の良い作業法をやってみましょう 前に保存したこの Food 01 の上に そのままでいいので張り付けてしまいます スマートオブジェクトで貼り付けます そうしたらこれを又 台紙のサイズに合わせます そしてダブルクリックして確定します 拡大率100%にしても ちゃんと絵が荒れていないので これでOKですね そうしたら 画像を統合します さあここで 普通に保存を行うと さっき保存したものに 上書きされてしまうんですが ここで 別名で保存します ショートカットの場合は コマンドもしくはコントロール と シフトを押しながら S を押します そうすると 別名で保存できるので Food 02 に変えて 新たなファイルとして保存します 間違えて上書きしないように このやり方を繰り返すと かなり 新規のファイルを作る手間を省きながら 保存できるので スピーディーに作業が出来ます では又イラストレーターに戻って このハンバーグを コマンドもしくはコントロール C で コピーして フォトショップに戻って コマンドもしくはコントロール V で張り付けて スマートオブジェクトでOKします では又大きさを合わせます ダブルクリックして 画像を統合して シフトを押しながら コマンドもしくはコントロール そして S ですね 今度は Food 03 にします では もう1個ですね このステーキも コマンドもしくはコントロール C で コピーして フォトショップに来て コマンドもしくはコントロール V で スマートオブジェクトで張り付けて 大きさを合わせて 画像を統合して シフトと コントロール 又は コマンドを押しながら S を押して そして 4つ目ですね 保存します はいこれで 合計4つの料理の写真ですね 個別のファイルとして 保存することが出来ました

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。