印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

背景にカーテンを作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ロゴアニメーションの背景に、ゴージャスなカーテンのような素材を作成します。
講師:
04:58

字幕

このビデオではロゴの背景にゴージャスな カーテンのような素材を作成します さぁそれでは ロゴ自体はこれで とりあえず置いておいて この背景にですね ちょっとゴージャスな 雰囲気を作ってみようと思います さぁ それでは まず何もないところを右クリックして 「新規」 「平面」 これを実行します はい そしたらですね 「ブラック 平面」 これが作成されるので OK します はい そしたら一回ですね ロゴの上に 持っていきますけど とりあえず見やすいように このまま作業しましょう では これに対してエフェクトをかけます 「エフェクト」 「ノイズ&グレイン」の「フラクタルノイズ」 これをかけてやります するとこの雲のような模様が出てきます はい それではですね まず この 「トランスフォーム」 の項目を開けます はい そしたらですね 「スケール」 というのがありますね スケールを普通にやると この雲みたいなのが拡大・縮小 するんですが この上にある 「縦横比を固定」 というところをチェックを外すと はい 幅と高さが 個別に動かせるようになります なので高さをですね ぐっと上げていきます かなり思い切り上げてしまっていいので 1200 ぐらいまで上げておきましょうかね 1200 にしておきましょう はい そしたらですね 幅 これも 横方向に広げてあげます 160 ぐらいにしておきましょう さぁこうすると ちょっと布が 下がっているような雰囲気になってきましたね ただちょっと細かすぎるので その下にある 「複雑度」 ってやつですね これを 2 にしておきましょう はい するとどうでしょう 何かちょっとなめらかに 布がですね 垂れ下がっているような 感じのグラデーションが 出来上がりました はい ではですね この状態で 下にあるこの 「展開」 というところですね これを動かしてあげると はい どうでしょう 布がですね 風で揺れているような感じが しますね では 時間位置を一番まず先頭に持っていって 展開のキーフレームを入れます そしたら一番ゴールですね ここに行って はい この回転数に 1 を入力します すると はい こんな感じに なかなか ゴージャスなカーテンが揺れているような 感じの雰囲気が出ましたね で この時点では色が付いていないので ここに色を付けてあげましょう さぁそれでは 右クリックして 「カラー補正」 の 「トライトーン」 これをかけてあげます はいそうすると ハイライト ミッドトーン シャドウ と 明るいところ 真ん中あたり 暗いところ に分けて それぞれ色を付けられるんですね ではシャドウは黒でいいので ミッドトーンのところですね ここを こんな感じでパープルのあたりの色相に 持っていって で ちょっと暗めのですね 紫にしてみましょう はい こんなもんでいいでしょうかね そしたらハイライトのほうも 同じぐらいの色相に持っていった上で はい こっちの具合を見ながらですね どれぐらいが一番 豪華な感じがするかなぁといったところで 色を選んでいきます はい あまりですね 右の方に行くと 色が鮮やかなんですけれど こうするとちょっと毒々しいので 割と左寄りで この 彩度が低めの色のほうが ちょっと高級感が出るかな と思います はい こんな感じでしょうかね はい これで動かしてみると さぁ どうでしょう もう結構カーテンに見えるんじゃないでしょうかね はい ではこれができた上で この順番ですね 入れ替えましょう ロゴを一番上に持っていくと はい こんな雰囲気になります はい このロゴ本体の動きは 単に迫ってくるだけですけど 背景にこういう ゴージャスな感じのものがあると 一気に雰囲気が変わりますね はい フラクタルノイズでこういう バックのパターンですね いろんなものが作れるので ぜひともいろいろ試してみてください

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。