印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

立体的な動きを作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
検索窓を3Dレイヤーにして、立体的な動きを作成します。
講師:
04:52

字幕

このビデオでは、検索窓に 立体的な動きをつけてみましょう。 はいそれではですね、動きをつけるんですが、 今ですね、この、 検索窓と文字のアニメーション、 これ別々のレイヤーになっています。 これからですね、これまとめて動きを 適用するので、 レイヤーが二個あるとやりづらいので、 これ一個にまとめてしまいます。 では、Shiftキーを押しながら、 両方のレイヤーをクリックすることで、 まとめて選択します。 さあこの状態で、右クリックして、 はい、プリコンポーズというやつですね。 これをクリックしてください。 はいそして、 「全ての属性を新規コンポジションに移動」と、 これチェック入れた上で、 これですね。ここに、 「検索窓」と入れましょう。 はいこうしてあげると、二個のレイヤーが 一個のレイヤーにまとまりました。 これなんですが、ここ見てみると 「検索窓」というコンポジションが、 新たに作られてます。 はい、これダブルクリックしてみると、 さっきの内容がありますね。 はい、プリコンポーズというのを行うと、 複数のレイヤーを一個のレイヤーに まとめた上で、新しいコンポジションとして 作成されて、それが配置されていると、 そのような状態になります。 では、これで一枚のレイヤーになったので、 これで動きがつけやすくなりましたね。 はいそしたらですね、ちょっと立体的な 雰囲気の動きにしてみようと思います。 さあそれでは、スイッチモード、 これをクリックします。 はい、これクリックするごとに ここの表示が変わるので、 この小さいアイコンがいっぱい並んでる 状態にしてください。 その中に、ええこの立方体のアイコン、 これ3Dレイヤーってのがあるので これをオンにします。 はい、これをオンにした上で トランスフォームを見てみると、 位置のプロパティとかスケールのプロパティ、 これが三つになってます。 通常の横縦に加えて、奥行も 加わってますね。 この状態がですね、3Dレイヤーに なった状態です。 縦横だけじゃなくて、奥行も含めた 動きをつけることができます。 では、時間位置を6秒に移動します。 ここで完全にこの、真正面を向いた 状態として静止させたいので、 ここをゴール地点として、まず位置ですね、 そして このX回転Y回転 これにチェックを入れておきます。 はいそしたらですね、今度 一番先頭に戻ります。 そしたら、まずこのX回転を 動かしてみると、 こんな感じで、横を軸にしたうえで このように回転できます。 じゃあマイナス20ぐらいにしておきましょうね。 はいY回転は、縦を軸にして、 動かせるので、 マイナス10にしておきましょう。 はいこうすると、だんだんと立体的な動きが ついたまま、もとの位置に戻っていくと、 このような動作になります。 そしたらですね、一番先頭でこの位置もですね、 位置のこの縦360って書いてある、 これも、若干上に持ってきましょう。 これでちょっと動きが大きくなりますね。 そしたらさらに、一秒の場所に移動して、 もう少し下にある不透明度、 これもオンにしておきましょう。 そして一番先頭で、不透明度を0にすると はい何もないところからフワッと、 検索窓が出てきて、 文字が打たれてピタッと止まると、 はいこのような動きになりました。 はい、もう一枚のレイヤーに まとまっているので、 この中で文字がどんどん出てくるという、 動作が為されてるんですが、 それもまとめてこのように 動かすことができます。 プリコンポーズを行うとですね、 非常に便利に、こういった 動きをつけやすくなります。 さらに3Dレイヤーにしたことで、 こうした、多少立体感のある動きも 簡単につけることが可能となっています。

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。