印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

ポインタの素材を作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AfterEffectsのシェイプ機能を使い、ポインタの素材を作成します。
講師:
03:56

字幕

このビデオでは ポインタの素材を作成します さぁ それではですね この検索のボタンをクリックするための ポインタですね それをですね After Effects の中で 素材を作って適用してみようと思います では 新たにコンポジションを作ります Mac の方は [command] ウィンドウズの方は [Ctrl] を押しながら N を押します はい それでは新規コンポジションですね 設定は前のものが そのまま引き継がれているので 「コンポジション名」 のところに 「ポインタ」 と入れておきましょう はい これで OK します でですね これ真っ暗だとちょっと やりづらいので ここの部分です [透明グリッド] という ボタンがあるので これをクリックすると はい これチェックの模様になって 背景がですね 透明になるので この上で作業してみましょう はい それではですね まずこれを使います はい このですね 様々なシェイプを作る ツールがあるのでその中の 多角形ツール これを選択します そしたらこの画面上の適当なところをですね 一回ドラッグしてください するとこんな五角形が できると思うので とりあえずこれで OK です はい そしたらですね これを加工して まずポインタの 上半分の三角形を作ろうと思います はいでは このシェイプレイヤーの中の 「多角形」 というところですね これを開けてあげます そしたらその中に 「トランスフォーム」 というところもあるので これも開けてあげます はい そしたらですね もう一つ 「多角形パス」というところもあるので これも開けます はい ではこれで項目が出てきたので まず上から見ていきましょう はい まず頂点の数 これをですね クリックして 数値入力で 3 にします すると はい 頂点が 3 つになって 三角形になりますね はいそしたら この回転ですが これは 0 にしてあげると このように垂直に立ちますね はいそしたら トランスフォームのほうに来て ここでですね スケールのこの鎖 これを外します さぁそして このようにですね 大きさを調整して えぇ ちょっとですね 高さが高めの三角形にします えぇ これ実際にですね 今使っている パソコンのポインタを参考にしながら まぁ大体 目分量でいいので こんなぐらいかな という三角形に 整えてあげます はい こんなもんかな という 形になったら 「整列」 のパネルを出します そして 「レイヤーを整列」 というところですね これを 「コンポジション」 に しておきます そして 「水平方向の中央に整列」 これをクリックすると はい 完全にど真ん中にこの三角形が来ます はい そしたらですね 下のこの 四角形の部分 これも作ってみましょう では今度は 長方形ツール これを選んで はい そしたらですね このような形で ま これぐらいかな という バランスで四角形を描いてあげます そしたらこの 長方形も 左右の中央に 持ってくることで はい これで ポインタの矢印っぽいものができましたね はい ではこれを素材にして ポインタがクリックするアニメーションを 作っていきます

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。