印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

背景を設置する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ロゴアニメーションの背景を流用し、設置します。
講師:
02:25

字幕

このビデオでは背景を作成します さぁ それではここでですね 真っ暗な画面の上だとちょっとさびしいので 背景を作ろうと思うんですが はい この時ですね 以前作ったこのロゴ こちらで背景 作ってましたね はい 一本のビデオの中なので 同じ質感の背景を使いまわすと はい そういったこともアリなので こちらをですね そのまま持っていってみましょう では これで背景になっているのが この平面ですね 今 このコンポジション これ 5 秒間です これを覚えておいてください ではこれをクリックしたら Mac の方は [command] ウィンドウズの方は [Ctrl] を 押しながら C を押して これでコピーされましたね そしたら search のほうに戻って はい そして 一番先頭に持ってきて [command] もしくは [Ctrl] V を押して ペーストします はい そして一番下に持ってきます すると はい この背景の上で 検索窓が動く というアニメーションになりました ただこの背景ですが 5 秒しかないですね このコンポジション 10 秒あるので 半分しかないので これをですね ドラッグして 伸ばします ただ伸ばしただけだと 途中で背景の動きも止まってしまうので はい ここを開けます そして 「エフェクト」 の 「フラクタルノイズ」 はい ここに持ってくると 展開がですね これが一周すると ここまで 5 秒地点まででアニメーションに なっていたので これをですね さらに 10 秒のところまで 伸ばしたいので ここで 2 にしておきます はい そうすると ずっと動きますね はい こんな感じでですね 一回作った こうした 素材は使いまわしがきくので 使える場所にはどんどん置いていきましょう はい それでは 動きを見てみると はい こんな感じで ポインタもやってきて で 背景も付いている と はい こうした映像ができました

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。