印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

URLを表示する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
最後に、アクセス先のURLをアニメーションで表示します。
講師:
03:59

字幕

このビデオでは 最後の白い画面に URL を表示します さぁ それではポインタがやってきて [検索] クリックして これが真っ白になったところに 最終的に行ってほしいウェブサイトの URL ですね それを一応表示しようと思います さぁ それでは この光が完全に 真っ白になったですね 8 秒に移動します さぁ そしたら ここでテキストツールを持って はい ではですね フォントは 小塚ゴシック Pro ですね そしてこれちょっとですね 太目にしておきましょう B にして とりあえずこの状態で 文字色を黒にして URL を打っておきましょう 画面上をクリックして では http:// の restaurantpanda.jpn と はい こんな感じで URL を 入れてあげます はい そしたら 設定はこんな感じですね 大きさは 64px ですね はい ではこれを 画面のど真ん中に持ってきます 水平方向中央 垂直方向中央 と はい そしたらですね これを 真っ白になった時に ちょっとやっぱり かっこよく出したいと思うので この 8 秒のところですね はい ここからテキストアニメーターで 効果を付けていきます では 「アニメーター」 をクリックして その中の 「ブラー」 ですね これを かけます そしたら この鎖を クリックして外してあげると で こっち左側の数字だけを動かすと 横だけ 出すということができるので はい それではですね この 8 秒のところから 15 フレーム 進んだ 8 秒 15 ですね ここをゴールにしましょう で ここで ブラーにキーフレームを 入れておきます そしたら ちょっと戻って 7 秒 15 から始めたいので ここで かなり横に完全にぶれる形で じゃぁ 500 にしましょうかね はい ブラーの横のブレ これを 500 にしておきます そしてここから見え始めたいので トランスフォームを開けて はい 不透明度ですね これをこの時点で 0 にしてキーフレームを入れます そしたら今度は 8 秒ちょうどに 移動してここで不透明度 100 にしておきましょう さぁ こうすると はい こんな感じで画面が白くなると同時に 入れ替わりで シャキッと アドレスが出てくる こんな動きとなりました さぁ では全体を再生してみましょう はい 検索窓にキーワードが入力されて 検索ボタンをクリックすると このアドレスが出てくる という なかなか 印象深いアニメーションに なったのではないでしょうか えぇ特にですね ネット動画の場合 最終的に じゃ どこに来てほしいのか と示すのが大事なので この検索誘導のアニメーションをですね ぜひとも使ってみてください

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。