印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

道順を辿る光を作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
道順を示す光の動きを作成します。
講師:
04:13

字幕

このビデオでは 道順を誘導する 光の動きを 作っていきます さあ それではですね この光が実際に このルートを辿って ゴールに行くように 動きを 作っていきましょう では このブラック平面の ここを開けます そして[エフェクト]メニューの [CC Particle Systems II] と その中の [Producer] というのがあるので 開けると [Position] というのがあります このポジションを動かすと このように 光の位置が 変わります はい ではですね 最初から なぞっていきましょう まず最初は 何もないところから始まります そこから 光が放たれ始めるので ではですね 最初  1秒に移動します そうしたら 1秒の場所で はい この駅のですね 降りてすぐのところ ここで 光が 発生するようにしましょう はい ここがすべての スタートになるので はい ここで  ポジションに キーフレームを 入れていきます そうしたら 最初の曲がり角 ここですね ここに行きたいので ここでですね 1秒かけて 2秒の位置で  ここに移動します はいでは  ポジションを変えて こんな感じですね はい そうしたら しばらくここで 止まっているようにしたいので 時間位置を 5秒に移動します そうしたら このポジションのところの 左の方にある  このボタンですね [現時間で キーフレームを加える]と そうすると 同じ値で キーフレームができるので はい ここからここの間は 止まっている  という動作にできます はい では ここの5秒のところから 次 7秒のところにかけて この 角まで 移動しようと思います ではポジションを動かして 7秒の位置ですね ここまで動かします そうしたらこの位置で 3秒間止まるので 10秒に移動してですね この位置で またこの 現時間でのキーフレームを加える  これをクリックします そうしたら次は 2秒かけて ここの角まで 移動するので 12秒に移動して ポジションを こんな感じで 持ってきます そうしたら また3秒間止まるので 15秒までですね  移動して ここで また 現時間でのキーフレームを追加します そうしたら今度は このお店の横まで 2秒かけて 移動したいので 17秒のところで お店の横まで来ます はい これで 全部のポイントを作りました では頭からですね ちょっと 再生してみましょう はい まあ  ただ動くだけではなくて 拠点 拠点で 止まって そこにですね 後からまた 加工を加えていきます はい では  ここからスタートして この角で一回止まって 道を動いていって  角で止まって また道を動いて 止まって そして動いて お店に到着と はい  こういった動きができました ではですね ここに  さらに加工を加えていきます

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。