印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

写真を配置

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
キーポイントごとに、その場所の写真を表示します。
講師:
08:45

字幕

このビデオでは 地図のポイント ポイントで 写真を表示して よりわかりやすく 加工していきます ではですね この地図の ポイント  ポイントの部分で そこで撮影された 写真を出して どっちへ行くんだよ というのを わかりやすくしてみようと思います では ええ  このトレーニングの 素材からですね restaurant.jpg それと town 1 2 3 jpg 4枚の写真があるので それらをですね まとめて プロジェクトパネルの方に ドラッグ&ドロップで持っていきます はい こっち入りましたね はい そしたらですね 写真を それぞれのポイントごとで 表示させてみましょう ええ  まず1箇所目 スタートから来て ここの部分ですね ここがこのtown1 という写真です では この2秒の位置ですね ここで  この時間位置で このtown1.jpg これを ドラッグ&ドロップで持ってきます はいそうすると写真が  まあ全面で出ちゃいましたね そうしたら  これがですね この写真を 3秒間表示するので 必要な部分だけに 切ってしまうおうと思います はい では この写真のですね 端っこのところ これをドラッグしてきて この頭のところに ぴったり  なるところまで持ってきます そしたら次  5秒のところに移動して はい このレイヤー またですね こっち側も移動して ここに合わせます はい これで 必要な範囲だけ 写真を置くことができました では これを開けてですね トランスフォームで 調整していきましょう ではスケールをどんどん  どんどん小さくして 30%にしましょう はい そして  位置を調整して わかりやすいところですね こっちに持ってきます はい そしたらですね この写真の処理が ちょっと見づらいので 枠をつけようと思います はい これ 右クリックして [レイヤースタイル]の [境界線]  これを実行します そうすると 枠がつきますね 今 赤だと  ちょっと見づらいので [レイヤー効果] [境界線]  を開けてやって カラーのところですね これを白にしてあげます はい ではですね こうした 写真が出るところですね これが全部で 3回出てきます ただ 一回 一回  同じ作業をするのは 結構大変なので 楽にできるように これを生かした 作業にしようと思います では 今作った 写真のレイヤーをですね これをマックの方は コマンド ウインドウズの方は コントロールを押しながらDを押すと はい 同じ絵が 複製されます ではですね 次は 7秒の位置で また写真を出したいので はい この7秒の場所に この複製したレイヤーを 移動させます はい こんな感じですね はい そしてですね 位置もちょっと変わるので ええ これは選択された状態であれば ドラッグで変えることができるので はい ちょっと位置を ずらしてやります はい で もちろん 写真が違うわけですね これだと  本当はtown2.jpg これを表示させたいわけですが はい これ 差し替えることができます え マックの方はオプション ウインドウズの方は Altキーを押しながら このtown2.jpgのファイルを このレイヤーに ドラッグ&ドロップします すると はい ぱっと中身だけ 入れ替わりましたね はい この枠線とか  スケールとか 保ったままで 素材だけを入れ替えると このようなことができます はい  この方法を使うと 1個作った設定を どんどん複製して ファイルだけ 入れ替えて ということができるので 非常に便利です では今度はこれをまた 選んでいる状態で コマンドもしくは コントロールDを押して 今度は12秒に移動します そして12秒のところに 写真を持ってきます はい そしたら場所はですね ここの近くのところに 持ってきます はい そして  ここでも town3.jpgに 入れ替えます オプションもしくは Altを押しながら ここにドラッグ&ドロップすると はい 写真が 入れ替わりました さあ これで 光がポイントに来ると ぱっとですね  写真が出るようになりました ただぱっと出てくるだけでは ちょっとつまらないので もうひと加工してみましょう ではまずですね town1.jpgからやりましょうね はい これを トランスフォームを開けて では この頭のとこですね 2秒5フレームのところで 位置とスケールに  キーフレームを持ってきます そしたらレイヤーの 後ろの方のところでも 5フレーム戻って 4秒25フレーム ここでまた 同じキーフレームを打ちたいので はい これですね 現時間でのキーフレーム これを2個うっておきます そしたら この 1番最後のフレームですね ここでスケールを0にします はい そうすると見えなくなりますけど この位置を動かすと このポイントだけ動くので どこに行ったか わかりますね はい これでこの 光の部分に持ってきます そしたらさっきの 一番頭のとこもですね はい ここでもスケールを 0にして 位置をこっちに持ってきます さあそうすると  このように ひょこっと出て  ひょこっと引っ込むと はい このような動きに することがきました では ほかのレイヤーも 同じようにしてみましょう では はい まず頭からですね 1 2 3 4 5フレーム動かして トランスフォームの  位置とスケール こちらも1 2 3 4 5 9秒25フレームのところで 同じものを作っておいて はい で  最後のフレームのとこで スケールは0で 位置が  ここになりますね で頭のところも スケールを0にして 位置を  ここに持ってきます さあ これで ひょこっと出て  ひょこっと戻ると はい では もう一個のレイヤーもですね トランスフォーマーを開けて 1 2 3 4 5フレーム ここで  位置とスケールに キーフレームを入れて さあ 最後も はい このような形にして で 最後のコマでは スケールが0で 位置が5ですね はい 先頭も  スケールを0にして 位置を光の部分にしてあげると はい ひょこっと出て  ひょこっと引っ込むと はい こういう動作を 作ることができました

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。