印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

レストランの写真を配置

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ゴール地点でレストランの写真が出現する動きを作成します。
講師:
02:53

字幕

このビデオでは ゴール地点で レストランの写真が出てくる アニメーションを作ります さあ それではですね restaurant.jpg これが一番最後  ここにゴールした時に 出てくるようにしてみましょう では まずですね この光が現地に到着するのが 17秒なので 17秒に移動します そうしたら  restaurant.jpgですね これをドラッグ&ドロップで 持ってきます そうしたら  これ17秒から必要なので こっちの端っこを ドラッグしてきて ちょうど17秒から 表示されるようにします それではですね 最終的に  この写真が3秒かけて さっきの地図上から 浮き上がってくるようにしたいので ゴール地点の 20秒に移動します そしてここで トランスフォームをですね かけてやって ここで この状態にするので 位置とスケールに  あと不透明度に このような キーフレームをうっておきます そうしたら 17秒に移動して では スケールをですね 0にします そうしたら 位置を動かして このレストランのですね  白い...ポイントまで持ってきます そしたらここで 不透明度も 0にしときます さあ こうしておくと どうなるかというと はい こんな形で レストランの場所から 写真が 浮かび上がってきて 最終的に 全画面になると はい このような 動作になりました では ちょっとですね 前段階からも含めて 一回 再生してみましょう はい このようにですね 単純にまあ アニメーションをつけるだけでなくて 補足情報も入れると こうなると 動画としては わかりやすくなりますね はい ではまず  駅から始まって 最初の場所に来ました で さらに動いて  2か所目の写真が表示される はい そして最終的に 最後の角を曲がって レストランに来て 画面全体が レストランの写真になると はい このような 一連の動作を作ることができました では ここにですね さらに仕上げを おこなっていこうかなと思います

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。