印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

テキストを挿入

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
料理名のテキストを挿入します。
講師:
07:12

字幕

このビデオでは料理の名前を表示して 仕上げを行います さあそれではテキストツールですね これをクリックして はい料理を名前をですね まず打ちましょう ではクリックしたら 文字が非常に大きくなっているので これを下げていってですね はい100ぐらいとりあえずしておいてですね はいここに 料理名を入れていきます はい装飾をですね調整していきましょう まずですねテキスト全部選択して えーちょっと見えずらいので色からやっていきましょう 例えばテキストカラーは黒にした上で はいこの線をつけましょう 線をダブルクリックして 線は白にします こうするとですね くっきりと見えることができます では線の上に塗り これに設定して 線の太さですね これはもう少し大きく 13ぐらいにしておきましょうかね はいそしたらフォントも 小塚明朝Proにしましょう 小塚明朝ProのBあたりにしておきましょうね そしたらはい こちらの文字間隔ここは0にしておきましょう ちょっともう少し詰まった感じですね そしたらテキストサイズをもうちょっと下げて 70ぐらいにしておきましょう さあこれで料理名の表示ができましたね 画面のこの辺にレイアウトしましょう ではですねこれも アニメーションをつけましょう まずこれはですねまず料理が出ている 4秒間表示しようと思うのでまず 時間位置1秒ですね まずここでこんな感じで 1秒からはじまるようにします でこのフェードアウトが始まるタイミング ここでいうと5秒のところですね はいここで終わりにしたいので これでですねいらないところから 切ってしまおうと思います ではこのレイヤーを選んでいる状態で マックの方はコマンド ウィンドウズの方はコントロール シフト コントロール シフトとDを押します すると このようにレイヤーを切ることができます はいコマンドもしくはコントロールと シフトとDですね そうするとレイヤーをこのように分割できるように 後半はいらないので 選択してデリートします はいそしたら 今はですね一瞬で出て来ているので これを 10フレームかけてフェードインさせるようにしましょう はいトランスフォームを開けて 1秒10フレームのところで不透明度 100%でオンにします 1秒ちょうどのところで 0にすると フェードインしますね じゃ今度は一番最後のところで はい20フレームのところから 不透明度ですね 同じキーフレームをもう一個打って で5秒ちょうどで 不透明度0にすると はいフェードインアウトしますね はいそしたらですねこのテキストこれを全部に 適用したいので はいこれも複製します ではマックの方はコマンド ウィンドウズの方はコントロールを押してから Dを押すと複製されます これを繰り返して コントロールもしくはコマンド Dで 4つ複製します そしてそれぞれ時間いじり まずおおまかに持っていって 1個1個は拡大して ぴったりなる感じですね はいこちらも はいこれでいいですね はいこれでレイアウトできました あとは料理名が全部一緒になっているので これを変更しなきゃいけませんね では次この2番目のところですね テキストツールにして はい 料理名を打ち変えます こちらも はいこんな感じですね これで料理名も全部入りました さあそれでは プレビューしてみましょう はいこんな感じで 非常においしそうですよね はいもう完全な静止画の写真を素材にしても アフターエフェクツの表現を使うと こんなものが作れてしまうんですね はいこのようにですね 印刷物を作るためのデータを原料にすると かなり様々な動画を作ることができます この講座内で行ったことを参考にして みなさんもオリジナルのものを作ってみて下さい

印刷用データがAfter Effectsで動画に変身!

パンフレットなど印刷物を作るには多くのPhotoshopやIllustratorのファイルを準備しますが、それらが動画の材料にもなると知っていましたか?それらをAfterEffectsで加工すれば、驚くほど魅力的な動画が作れるのです。Webで使うほか、店頭でデジタルサイネージとして利用することも可能です。素材をリサイクルしてより印象的な動画を作りましょう!

2時間05分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。