描画モードの達人になろう!

ショートカットで描画モードを変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤー、ブラシ共に、ショートカットを使うと素早く描画モードを変えることが可能です。
講師:
02:25

字幕

このビデオではショートカットによる 描画モードの変更を解説します このサンプルファイルですね 上に1個レイヤーがあるのですが これ目玉オンにすると こんなテクスチャーが出てきます この描画モードを変えてあげると いろんな感じに重なった効果が できてくるんですが 変えていく時にマウスを持ってきて クリックしてドラッグして選ぶというのは 結構めんどくさいのですね 一回一回これをパッと閉じますので 時間がかかってしまうんですけど これを簡単にするには 初期設定のショートカットの場合 Shift キーを押しながら+のキーを押すと リストが下方向に進んでいきます そして Shift キーをしながら ー を押すと 反対にこのリストが どんどん上がっていく形ですね そういった形で+とーのキーを使うことで 手軽に変えることができます これでやれば 比較するのは速いですよね この時なんですけど 一般のキーボードでも 同じ動きはするのですけど テンキーの場合+ー隣り合っているので やってあげると操作しやすいかなと 思います 通常この Shift + と Shift ー キーを使うと このレイヤーの描画モードは 実は描画モード レイヤーだけではありません ブラシツールを選んでいると この部分「モード」がありますね ブラシにも描画モードがあります ブラシツールを選んでいる時は Shift と+ ー キーを押すと ここ見てください ブラシの描画モードが変わります ブラシで描かれた結果の重なり方が変わってくる このようにブラシの時だけ動作が変わります 通常は Shift と+ ーのキーで ここが変わります 描画モードを扱う上では 非常に便利な操作なので 是非とも覚えておいてください

描画モードの達人になろう!

このコースでは名前を見ただけではわかりにくい描画モードの機能を、実際のサンプルを使ってわかりやすく解説します。さまざまな形に色を変化させたり、明るさの変化を印象的にコントロールする方法も説明します。また、レイヤー以外にブラシを使う場合の設定についても解説します。

2時間09分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。