描画モードの達人になろう!

ディザ合成を使ったエフェクト

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ディザ合成」を使った粒子状のエフェクトの作り方を解説します。
講師:
06:04

字幕

このビデオでは「ディザ合成」を使って 粒子状のエフェクトを作ってみましょう では新しく書類を作ってサンプルとなる エフェクトを作ってみましょう ではまず「ファイル」「新規」を実行して このサイズを「 pixel 」にして 幅も高さも 500  解像度 72 こんな感じで新規書類を作成します すると この位の正方形ができますので 新しくレイヤーを作ります 新規レイヤーの このボタン これをクリックします Mac の方は command  Windows の方は Ctrl を 押しながらAを押して 全体を選択します そして Shift キーを押しながら Delete キーを押して 塗りつぶし これを実行して 内容「ブラック」 黒で塗りつぶします 塗りつぶしたら command 又は Ctrl を押しながら Dを押すと 選択範囲が消えますね この状態で今 描画モード「通常」ですね 不透明度を下げると どんどん黒が透明になっていって 白と混じって グレーの度合いが変わりますね では これを「ディザ合成」の方にすると こんな感じに 半透明じゃなくて 粒子状になって変化するんですね こんな違いを利用してエフェクトを作ってみます では テキストのツールを持ちます 描画色は白にしておきます そうしたら画面の方に EFFECT と 何でもいいですが これ位の大きさで 文字を打ちます フォントも大きさも一緒じゃなくていいですが これは Photoshop についてくる 「小塚ゴシック」の B(ボールド)と 96pt ですね こんな設定で今回は打っていますb では これに効果をつけてみましょう ではテキストレイヤー これを右クリックして 「レイヤー効果」を実行します すると 色々ありますけど この「光彩(外側)」にチェックを入れて この項目をクリックします するとこの設定部分が出てくるので 「スプレッド」と「サイズ」のところです スプレッドとサイズを動かしてあげると このように外側にー 光の輪ができてくるわけですね 上を見るとここにも「描画モード」があります 今「スクリーン」になっていますが これを「ディザ合成」にしてあげると こんな感じの粒子になります ではスプレッドを 40% サイズを 50px ぐらいにした上で 不透明度を下げていくと  この粒子が減っていくので 不透明度 10 ぐらいですね こんな感じにしましょう ディザ合成で不透明度 10 スプレッド 40% サイズが 50px すると こんな感じで 文字の周りに粒子が飛び散ってる 感じになりました これもこれで一個の効果なんですけども 応用すると こんなこともできます では この「テキストレイヤー」を 右クリックして 「レイヤーを複製」を実行します こっちは この「効果」の目玉を クリックして消しておいて 更に 本体も消しておきます では 下になった元々の このテキストレイヤーです ここで「塗り」というところ これを下げておくと 文字の塗りだけがなくなって 粒子だけが残りました では ここに対して 「フィルター」メニューの「ぼかし」から 「ぼかし(放射状)」を選んでみます すると こう聞いてきます スマートオブジェクトに変換するか 一枚のレイヤーにラスタライスするか 聞いてくるので 「スマートオブジェクトに変換」としておけば あとから直すこともできますね そうしたら この「方法」を「ズーム」にして 「画質」は「標準」でいいですね 「量」を「30」ぐらいでOKしてみると こんな風に放射状の感じになりました ここで このテキスト 上の方をONにすると 文字には ぼかしがかからないままで 後ろの粒子にだけ このように 放射状のエフェクトがかかりました このディザ合成なんですが 例えば このブラシをもって モードをディザ合成にして 不透明度を「20%」とかにしておくと 新しいレイヤーを作って 塗ってみると こんな感じに粒子状のものを 出すことができます もっと量を少なくして星空っぽくするとか 色々応用範囲の広い効果なので ぜひ実際に使ってみてください

描画モードの達人になろう!

このコースでは名前を見ただけではわかりにくい描画モードの機能を、実際のサンプルを使ってわかりやすく解説します。さまざまな形に色を変化させたり、明るさの変化を印象的にコントロールする方法も説明します。また、レイヤー以外にブラシを使う場合の設定についても解説します。

2時間09分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。