描画モードの達人になろう!

オーバーレイ、ソフトライト、ハードライトの応用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オーバーレイ、ソフトライト、ハードライト、それぞれを使って、シャープさの向上などの応用を行います。
講師:
06:49

字幕

このビデオでは オーバーレイ ソフトライト ハードライトを使って この画像を調整してみます では実際にオーバーレイ ソフトライト  ハードライトを使って 画像の雰囲気を変える実例をやってみます では この基本のレイヤーを右クリックして 「レイヤーを複製」します では これを使ってひとつ 加工をやってみましょう 「フィルター」メニューの「その他」に 「ハイパス」があります これを実行するとスライダーに合わせて このように スライダーの位置に合わせて だんだんこちらの 左に行くに従って どんどん輪郭だけが残っていくような 効果になります では これを 1.0 にします それで「OK」すると うっすらですが輪郭が残っていますね では これを描画モードを 「オーバーレイ」にしてみると オン・オフするとわかるんですが オンにすると少しだけ シャープさが向上しますね こんな感じに画像が何となく眠いのを シャキッとさせる このような効果があります 更にシャープ感を強めたいときは 「トーンカーブ」ですね これを一番上に作って これを1個下の このレイヤーだけにひくように これをオンにして この状態でトーンカーブをー いじることによって より輪郭の度合いを 変えることもできます では これはドラッグしてゴミ箱へ捨てて 又 このレイヤー自体を更に複製すると 同じ状態でできてきますが これを何度も繰り返してあげると どんどん効果が強くなります こんなことも可能ですね いっぱいコピーしたのを捨てるときは 一番上をクリックして選択して Shift キーを押しながら ここの 下から2番目を選んで ドラッグで捨てます 今 この重ねているレイヤー グレーになっていますけど これをレイヤーを選んでいる状態で 「イメージ」メニューから 「色調補正」の「階調反転」を実行すると どうでしょう? ちょっとぼやっとしましたよね ソフトになりました 輪郭線を完全に反転したので 効果も逆になってソフトになる そんな使い方もできます では他のこともやってみましょう 一旦 この上のレイヤーは捨てます では これを右クリックして レイヤーを複製します 描画モードは 今度はソフトライトにします すると少しメリハリがついた感じになります 「フィルター」メニューから 「ぼかし」「ガウス」で ぼかしをかけます すると こんな感じに ぼかしの度合いに合わせて 元の絵はシャープなままで  更にソフトな光の感じが加わったような このような効果も作ることができます これを「ハードライト」に変えてみると また雰囲気が違って より強調したような感じですね 弱くかける場合にはソフトライト 強くかける場合にはハードライト それぞれを使うことができます また このままやるだけじゃなくて 「イメージ」メニューから「色調補正」の 「彩度を下げる」をかけると Mac の方は command  Windows の方は Ctrl を押しながら Zを何回も押すと 一回戻ったり また再度効果を かけたりできるので やってみると これが使用前ですね これが使用後です 彩度が落ちた方が渋い感じも出ますね こんなやり方もあります では また違うパターンもやってみましょう 新規にレイヤーを作ります Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら Aを押して 全体を選んで Shift キーを押しながら Delete キーを押します 「塗りつぶし」が出てくるので 50% ぐらいで 塗って command または Ctrl を押しながら Dを押して解除します では描画モード「オーバーレイ」にすると 見えなくなります この状態でブラシを選び 不透明度を 30%ぐらいにして まず描画色を白にして このレイヤーを塗ると 白い部分はこのように より明るくなる感じで 画像を明るくするのに使います こんな感じですね 明るい部分をより明るくし 次に 描画色を黒にすると 今度は暗い部分をより暗く こんなメリハリをつける使い方ができます これが ソフトライトだと効果が弱くなって ハードライトだと更に効果が強くなる それぞれ効き方が異なってきます こんな風にオーバーレイ ソフトライト ハードライトのモードを応用すると 画像のシャープさ メリハリをつけやすいので ぜひ 色々と使ってみてください

描画モードの達人になろう!

このコースでは名前を見ただけではわかりにくい描画モードの機能を、実際のサンプルを使ってわかりやすく解説します。さまざまな形に色を変化させたり、明るさの変化を印象的にコントロールする方法も説明します。また、レイヤー以外にブラシを使う場合の設定についても解説します。

2時間09分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。