描画モードの達人になろう!

輝度を使った処理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
輝度を使って、色の不自然さを出さずに明るさだけを変更する処理を解説します。
講師:
03:28

字幕

このビデオでは輝度を 利用した作業を紹介します それではサンプルのファイルに 色調補正で補正をくわえてみましょう トーンカーブをアサインしてあげて こっちの右上の方を持ち上げて 反対側はくいっと下げて コントラストを強くするような 感じにしました オンオフするとコントラストが強くなって 明るさが変わっているわけですが 特にこのジョウロの部分を 見ていただくと 色の感じも結構変わっていますね コントラストが強くなると 色もちょっと強くなっています こうならないように あくまでコントラストだけを高めたい 光だけ明るさだけに作用したいという場合には この色調補正の描画モードを 「輝度」にしてあげると パッとちょっと 色が地味になったように見えますが これでまたジョウロの所を見ていてください オンオフすると色がもう変わってないですよね ヒマワリのところも純粋に コントラストの変化が大きくて 色が全く変わるということは なくなっています もう一回これ通常に戻してみると いろんな派手さが変わってるような 部分があるのですが 輝度にするともっと純粋に 明るさだけが変化しています こんな風に色に影響を与えたくないとき 輝度にするとあくまで明るさだけに対して 効果を適応することができます では別のパターンもやってみましょう この色調補正を捨ててしまって ではレイヤーをこちらに持ってきて レイヤーのコピーを作成します そうしたらコピーしたレイヤーに対して 「フィルター」の「シャープ」から 「アンシャープマスク」これ適応します 普通やらないレベルまで きつくかけてみましょう 量は 100 で半径 32px と かなりどぎついかけ方ですが これでOKします これでこちらのオンオフをしてみますと 例えばこの空と森のエッジの部分ですね 不自然な水色が出てきてしまっていますね やっぱり色に影響が表れています こういうものも ここの描画モードの輝度にすると どうでしょう? この辺で出た不自然な水色が無くなりましたね もう一回通常に戻すと 所々にちょっと不自然な色が出てしまいますが これを輝度にすることで 不自然な色の発生を抑えることができます このように色に不自然さを出さずに 明るさだけを調整したい時には この輝度のモードを使うと大変便利です

描画モードの達人になろう!

このコースでは名前を見ただけではわかりにくい描画モードの機能を、実際のサンプルを使ってわかりやすく解説します。さまざまな形に色を変化させたり、明るさの変化を印象的にコントロールする方法も説明します。また、レイヤー以外にブラシを使う場合の設定についても解説します。

2時間09分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。