初めてのMaya ポリゴンモデリング

ポリゴンの構成要素の選択方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このレッスンではポリゴンの3種類の構成要素の選択方法や編集方法、コンポーネントモード、マーキングメニュー、そしてソフト選択ツールなどについて学びます。

講師:
06:13

字幕

このレッスンでは ポリゴンのオブジェクトの コンポーネントの選択方法について紹介します ポリゴンのコンポーネントを選ぶには いくつか方法がありますが 1つ目はこのステータスラインの オブジェクトとコンポーネント これを使う方法ですね この真ん中のこのボタン 今オブジェクトモードです ポリゴンをオブジェクトで選びます 次にこの右側のボタンを押すと コンポーネントモードにいきます 普段はこれは閉じていますが ここのライン これを押してもらうと 三角の時に押すと これが開いて このコンポーネントの種類を 選べるようになります 今これをハイライトしてあるので これで頂点を選ぶモードになっています 頂点を選んで動かせます それかこのエッジモードにいって エッジを動かすという手もあります またこの右側のボタン これを押すと フェースモードになって フェースが選べます このオブジェクトモードと コンポーネントモード 実はホットキーがありまして F8ですね キーボードのF8ボタン これを押してもらうと コンポーネントとオブジェクトモードが このように切り替わります PCを使っている人はこのF8で このようにすぐ使えますが Mac の人は 設定のスクリーンに 行ってもらって 「キーボード」> 「F1 F2などのすべてのキーを標準の ファンクションキーとして使用」というのを ONにしてください そうでないとキーボードに プリンティングしてある ディスプレイの明るさやプレイモード 音量の上げ下げ等 このボタンが先に使われてしまいます これを押すとそのままF1からF12まで 使えるようになります ファンクションボタンというのがあって fn と書かれていますが そのボタンを使って ファンクションボタンを使う方法もありますが いちいちボタンを2つ押さないといけないので こっちのほうが楽です これが1つ目のコンポーネントの選び方です 2つ目はマーキングメニュー というのがありまして マーキングメニューは右マウスを押して このようになりますので これでエッジやフェースや頂点を選びます 頂点を選びたい場合は この左マウスを 押したままこっちに持っていって頂点 同じように選びます フェースの場合はフェース エッジの場合はエッジ こんな感じですね オブジェクトモードにいきたい場合は このオブジェクトモードを選びます マルチというのもあって このマルチを選ぶと エッジもフェースも頂点も すべて同時に選べますが 間違って選んでしまうことがあるので あまりおすすめできません この頂点フェースモードというのは 頂点とフェース2つとも 選べるというモードです これもあまりおすすめできません それからコンポーネントモードにいった時 ペイントして選ぶツール これも使えます このように左マウスを押したまま選べます Control キーで選択から外します あと 単に選択した範囲を広げたい場合 普通に選択モードでも選べますが より大きいというボタンがありますが それを押してもらうと このように選択範囲が広がって より小さいキーを押すと このように小さくなります これは フェースもエッジも同じです エッジの場合はこんな感じに広がって こんな感じに小さくしていきます ポイントも同じようにできます あともう1つソフトセレクション というのがあって 例えば 頂点モードにいって ポイントを選んで 引き出した場合 このようにかなりシャープな 点になってしまいますが これをもっと滑らかにしたい場合 その場合は移動ツール これを左マウスでダブルクリックすると 移動ツールのオプションボックスが出てきます この中から「ソフト選択」 というエリアがありますので ソフト選択をクリックしてもらうと ソフト選択というものになって 今この ポイントを動かすと このように周りのポイントも 同時に動かして ソフトな感じに 移動してくれます これをソフト選択と言います 消すにはチェックボックスをクリックして チェックを外してください このようにコンポーネントには 色々なシチュエーションに最適だと思われる 様々な選択方法があります 是非すべて使いこなせるように 日々触ってみてください 以上ポリゴンのコンポーネントの 選択方法についてでした

初めてのMaya ポリゴンモデリング

このコースではMayaのポリゴンモデリングの構成要素やポリゴンモデルの利点・難点などの基礎知識を説明します。またポリゴンのプリミティブやモデリングの注意点なども網羅しています。ウィリー・ジープのモデルを制作しながら、新しいポリゴンモデリングツールの使用方法や固い物体のモデリング方法などについても紹介します。

2時間19分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年08月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。