初めてのMaya ポリゴンモデリング

モデリングの始め方と押し出しツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではポリゴンモデリングの始め方の一例と、ポリゴンモデリングツールの中でも一番重要な押し出しツールについて解説します。
講師:
07:52

字幕

このレッスンでは モデリングの始め方と 押し出しツールについて 解説します まず始めにこの一番簡単そうな ボンネットのこのエリアですね これをまず作っていきたいと思います まず ポリゴン プリミティブ>プレーン 平面体ですね これを使います これを使ってここに 平面を描いていくわけですが この中央線に沿って作りたいので この一番上の磁石のマークに グリッドが付いている 「グリットスナップツール」を選んでください そしてボンネットはこの辺なので この辺をクリックして 左マウスボタンを押しながら このように拡げていきます まずここまでやりましょう 次にこのプレーンを この平面の上に持っていきます もうグリッドスナップは必要ないので 消します サイドビューを見るとよく分かりますが ここが一番このボンネットの上なので ここに このプレーンを持っていきます フロントで見るとこういう感じです 次にこの平面のこちら側のエッジ これを押し出しツールで 右の方に持っていきます まずこの平面の上で 右マウスのボタンを押し続けます するとこのようにコンポーネントが 選べますので このうちの「エッジ」を選んでください この「エッジ」を選んで ちょうどここにカーソルを持っていくと 赤くなるので これを左マウスでクリックします これでこのエッジが選べました このエッジを選んだ後は 「押し出しツール」というのを使うのですが メッシュの編集>エッジ>押し出し これがエッジの押し出しツールです これを選んで この緑の矢印 これを左マウスで押しながら 右に持っていきます 大体この辺までで良いと思います こういう感じです 一回この何もないところに 左マウスでクリックします この絵のボンネットのエリアに この平面を合わせたいんですけれども このモデルがこの絵を 隠してしまって見えません どうするかというと このボタン これを押すと X-ray と言ってエックス線みたいに 透けて見えるんです これを使うとモデルも この下の絵も見えるので 便利です このボタンを押してください 次にまずこのトップビューで見て― ちょっと近づいた方がいいですね 今右マウスを押しながら― PC だと Ctrl キー Mac だと Option キーで このようにズームインしています 次に「頂点」 また右マウスを押しながら コンポーネントで「頂点」を選びます そしてこの3つの頂点を選んで 次に移動ツール それかキーボードのダブルキーを 押してもらうと移動ツールが出ますので そしてこの z の方角を 左マウスで押しながら このように下に持っていきます するとこの部分が合います 同じ様にこの下の3つのポイントを選んで この もう既に選ばれて 黄色になっている z 軸の矢印を 左マウスボタンを押しながら 上に持っていきます こういう感じです 一度また色々なビューでチェックします まずフロントビューでチェック こうやって左マウスボタンを押しながら 2つのポイントを選びますと 両方選んでこのグリーンの矢印を 下に持っていって― こうですね この形状と合わせます 次に ここに四角い箱を作ります するとこの2つの前と後ろの 頂点が選ばれますので これをまた左マウスでクリック 押しながら 下に持っていきます こういう感じです 次にまた「エッジ」を選びます 右マウス押したまま エッジを選んで これですね 左マウスでクリックして また「押し出しツール」を使うんですけれども シェルフに押し出しツールが もう置いてあります これです この平面から1つだけ フェースが飛び出た感じのもの これが押し出しツールなので これを押してください 押してこのグリーンの矢印を 左マウスで押したまま 持っていって そしてこのブルーの z 軸の 矢印を落として そしてまた押し出しツールを押して また動かして このように動かして もう1回動かして― そして最後にもう1回 押し出しツールを使って この一番下まで持っていきます ここですね このボンネットの形状に合わせるように 今 押し出しをしています こういう感じです このフロントで見た感じと サイドで見た感じは良くできていますが このトップビューから見た場合 少し形がずれているので また右マウスを押したまま― この頂点を選んで 移動ツール 移動ツールを選んで この線に合うように動かします こちらも同じように選んで 動かします この線に合わせます するとボンネットがこういう感じに できあがります というわけで ポリゴンのプレーンと押し出しツールで このようなボンネットを作ることができました このような平面の物体を作るときは この作り方が最適です 以上 押し出しツールと ポリゴンのプレーンによる モデリングの始め方でした

初めてのMaya ポリゴンモデリング

このコースではMayaのポリゴンモデリングの構成要素やポリゴンモデルの利点・難点などの基礎知識を説明します。またポリゴンのプリミティブやモデリングの注意点なども網羅しています。ウィリー・ジープのモデルを制作しながら、新しいポリゴンモデリングツールの使用方法や固い物体のモデリング方法などについても紹介します。

2時間19分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年08月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。