初めてのMaya ポリゴンモデリング

車体後部の作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このチュートリアルでは、車体後部の作成を始めます。タイヤが入る部分のボディーのモデリングをすすめていきます。

講師:
05:52

字幕

このレッスンではエッジループの挿入ツールと 選択範囲ツールを利用して 車体後部のタイヤが入る部分を モデリングしていきます まずエッジループの挿入ツールで 必要なエッジを入れていきます この後部のポリゴン これを選んだまま 「メッシュツール」> 「エッジループの挿入ツール」に行きます まずサイドビューから始めます サイドビューで角度が変わる部分 ここにエッジを入れていきます まずここだと ここで角度が変わるので ここに1つ ここでまた角度が変わるので1つ そしてここに角度が変わるので1つ ここは滑らかにするために 2つほど入れます そして 車輪の周りの部分 ここを作らないといけないので まずこの車輪の終わりの部分のここ 1つ そしてこの後ろにも もう1つ ここは丸くするために エッジが結構要りますが どうするかというと 車輪の真ん中 ここに1つ その真ん中同士 1つずつ そしてそのまた真ん中になるように エッジをどんどん入れていきます こんな感じです そして今度は トップビュー この壁の部分 これがありますので ここに こうなるように エッジを1つ入れます こういう感じです そしてこの後ろの部分 ここも壁になっているので ここに1つ そしてここは棚の部分になるのですが この棚 この棚を作るために ここで1つ分けます そしてタイヤの部分を押し上げた時に ここにディテイルがないと 後ろまで下がってしまうので ここに1つだけエッジを入れます こんな感じですね 結構複雑になりました これでモデリングを始めていくのですが この前の部分が邪魔なので この2つをオブジェクトモードで選んで レイヤーを作っておきます これはまたレイヤーをすぐ消すので レイヤーは名前を変えなくても 大丈夫だと思います そしてこのオブジェクトの要らないフェースを まず消していきます 選択範囲ペイントツールを選んで 右マウスを押したまま 「フェース」を選びます そしてこのようにフェースを選びます こんな感じです Delete キーを押して下さい キーボードの Delete キーを押します するとこのように フェースが消えます この前の部分も要らないので 消しましょう これとこれとこれとこれ 4つです チェックをしてから消します こんな感じですね まず初めにタイヤの周りから 始めましょう タイヤの周りを丸くしないといけないので どうするかというと サイドビューで選択ツールに行って 「頂点」にします そして― 一番車輪の丸い所の 最後の所から前の部分 これですね このポイントを選んで ちなみに今 箱でこう選んだのですけれど そうすると こっち側の選びたくないポイントまで 選んでしまうので これは Ctrl キーを押しながら― Ctrl キーを押しながら こう箱を作ることで 選択から外せます こういう感じです そしてこれを 上までもっていきます 一番最後のポイントが この丸い所にあたったら この真ん中の部分だけ また選択しなおします そして上げて また選択しなおして 上げてを繰り返します するとこんな感じに丸くできます この内側の部分 これは Shift キーを押しながら このように― ちょっと画面を大きくします これは Shift キーを押しながら 選択ツールに行って Shift キーを押しながら このように― このポイントを選んで このタイヤが入る部分のポイントしか 選びたくないので 間違って選んでしまったポイントは Ctrl キーを押しながら 左マウスボタンを押し続け 囲って消します そして少し内側に入れます こういう感じです こんな感じですね すると上の棚の部分を下した時に 突き抜けないようにできますので ちょっと中に入れておきます 以上 車体後部の タイヤが入る部分までのモデリングでした

初めてのMaya ポリゴンモデリング

このコースではMayaのポリゴンモデリングの構成要素やポリゴンモデルの利点・難点などの基礎知識を説明します。またポリゴンのプリミティブやモデリングの注意点なども網羅しています。ウィリー・ジープのモデルを制作しながら、新しいポリゴンモデリングツールの使用方法や固い物体のモデリング方法などについても紹介します。

2時間19分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年08月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。