初めてのMaya ポリゴンモデリング

ジオメトリーのミラー、ヒストリ(履歴)の削除と最終クリーンアップ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このチュートリアルではモデルのヒストリ(履歴)を削除したり、分かりやすい名前をつけたり、いらなくなったモデルを削除するなどしてシーンを整理していく方法について説明しています。

講師:
05:39

字幕

このレッスンでは ジオメトリのミラーというツール そしてシーンのクリーンアップの方法や モデルのヒストリーの消し方などについて 説明します まず初めにミラーツールですけど このボンネットもだいぶ出来上がったので これで満足だ 反対側にミラーを作りたい そして完成させたい という場合はこのようにします まずボンネットを選んで 「メッシュ」>「ジオメトリのミラー」 オプションボックス ここに「ミラー オプション」 というのがありますので この「ミラー方向」ですけど 特に トップビューで見るとわかりやすいですけど このオブジェクトのミラーを作るのは マイナスのXの方向ということがわかります こっちがプラスのXの方向で こっちがマイナスのXの方向ですから マイナスのXの方向に ミラーを作らないといけないです というわけで 「ミラー方向」は「-x」にします これはいつもそうとは限らないので ミラーをする前に是非調べて下さい 「オリジナル(のポリゴン)とマージする」 を選びますと オリジナルのポリゴンと1つになります 例えば「頂点のマージ」 この頂点をオリジナルとマージしてもらうと こういう感じになります もうすでに1つのオブジェクトになって このようにマージされた ポリゴンメッシュになります ただこういう細かい所も自動的に マージされてしまうので これを避けたい場合は 元に戻して ジオメトリのミラーをする時に 「オリジナルとマージする」 これをオフにして下さい これを付けないようにして下さい そしてミラーをした後に するとここはくっ付かないので でもここは2つに 頂点が ここもここも頂点が2つありますので この頂点を左マウスボタンを 押し続けながら 動かして選んでマージさせます 「メッシュの編集」> 「コンポーネントをマージ」 することによって 完璧に1つのオブジェクトになります この大きな車体も簡単に マージすることができます メッシュの編集 「メッシュ」ですね 「メッシュ」>「ジオメトリのミラー」 これも「オリジナルとマージする」は オフにしておいて 細かいモデルなので 勝手にいろんな所が マージされてしまうかもしれないので オフにしておきます 「適用」して 後はこの真ん中の頂点を 全部選んでマージさせます こういう感じです これで1つのオブジェクトになりました あとはこういうオブジェクトが 大体出来上がったと思ったら ここにたくさん ヒストリーがあるのですけど これですべてのオペレーション 前を覚えています これがあまりにも多くなると 処理が遅くなったり いろいろ後で問題もでますので 適宜消していったほうが良いです 今丁度消すのに良い時期だと思うので こっちに持って行って まずオブジェクトを選んだ後に 編集ですね 「編集」>「種類ごとに削除」 「ヒストリー」というのがあるので 「編集」>「種類ごとに削除」> 「ヒストリー」 これを選んで頂くと 右側のチェンネルボックスにあるヒストリーが 全部消えます こうして真っ新なオブジェクトになります あとは名前を付けてもらって 例えばこれだと mainBody とか 作る度に 名前を付けていったほうが 後々楽です 今これ3つしかパーツがないので 楽なのですけど 例えば もう既に 結構出来上がったシーンがあるのですけど この 02_end というのが 出来上がったジープの例です こういう感じになります 全部ミラーしてあって あと「アウトライナ」を見ますと このように 要らないものは全部消してあります 最終的にこれをアセットとして渡す場合 イメージプレ―ンも要りませんので imagePlane も「アウトライナ」で 選んで Delete ボタンを押して 消してしまいましょう そしてあとは MainBody 車体を選ぶと 全部選べるようになっています 全部他のものが こんな感じに 子供になっています たくさんこのようにパーツが増えてくると 名前を付けることが大変重要になってきます あとレイヤー分けです 今2つしかレイヤーはないのですけど この layer_jeep これがジープのレイヤーになっています モデリングしている時は このレイヤーをもっと細かく分けて モデリングの助けになるようにして下さい 以上このジープのモデリングのレッスンは ここで終了します モデリングは何事も練習ですので この完成に近いジープのシーンを見ながら 今まで習ったテクニックを駆使して 自分自身のジープを作りあげて下さい

初めてのMaya ポリゴンモデリング

このコースではMayaのポリゴンモデリングの構成要素やポリゴンモデルの利点・難点などの基礎知識を説明します。またポリゴンのプリミティブやモデリングの注意点なども網羅しています。ウィリー・ジープのモデルを制作しながら、新しいポリゴンモデリングツールの使用方法や固い物体のモデリング方法などについても紹介します。

2時間19分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年08月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。