After Effectsテキストアニメーション入門

コンポジション上にテキストを打つ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
新規のコンポジションを作成し、そこにテキストを打つ基本の操作を解説します。
講師:
05:13

字幕

このビデオではAfter Effectsの テキストの基本について解説します それでは 作業を行う コンポジションを作りましょう Macの方はcommand Windowsの方はctrlを押しながら nを押して 新規コンポジションを 設定致します そうしたらコンポジション名 01_01としておきましょう そしてプリセットは HDV/HDTV 720 29.97 横が1280px 高さが720pxです そして29.97フレーム 大体秒間30コマです デュレーション コンポジションの長さですが 5秒間で作ります 500と入れてどこかクリックすると 5秒で作られます この講座で 基本的にこの設定を使うことが 多いので これを毎回作っていきます ではOKします でコンポジションができました After Effectsの中で 文字を扱う時なのですが 一個の方法として After Effectsの中で 文字を打ってあげる というのが一番メジャーです その時使うのが まず このコンポジションのウィンドウを クリックすると このツールがアクティブになるので その中のこのTという横書き文字ツールです これを長押しすると横書きと縦書きと 出てきます 今回 基本的に横書きを使って 作業していきます 横書き文字ツールを選ぶと 標準のワークスペースであれば ウィンドウが ここが文字というのがでてきます もし出てこない時には ウィンドウの メニューから文字というパネルです これを出せばここが出てきます Adobeのソフトを色々使っている方は結構 どれも似たような感じだな と思うと思うのですが こうしたテキストの内容がでてきます そうしたらテキストの打ち方なのですが まず今回この黒い画面上に打つので 黒で黒だと見えなくて分からないので 先に色を決めておきましょう ではここの塗りのカラーです これをクリックして 一番左上にして真っ白にしておきましょう After Effectsの文字なのですが この塗りの部分と 周囲の縁取りの線の部分があります 線の部分は今回 今使わないので こちら側です 線の方はこの赤の斜め線が引かれている状態 ここをクリックして透明な状態です これにしておきます そうしたら次フォントの設定なのですが フォントはマシーンによって持っている フォントって違うのですけれど Adobeのソフトを使っていれば 必ず入っているのが この小塚ゴシックと小塚明朝という これは Creative Cloudと セットでインストールされるので 絶対入っているので これを今回は 使っていこうと思います 小塚ゴシックPro これを選びます この小塚ゴシックの中でも 太さが色々入っています ではその中のHと 一番太いやつです これ 上から下にいくにつれて どんどん太くなっていきます これを選びましょう そうしたら とりあえず フォントサイズを250にしましょう そうしたら これで この画面の中の 適当な位置をクリックします そうするとこのカーソルが出てくるので では何か打ってみましょう では「文字」と 打ってみると こんな感じで字が入ります テキストを打ち終わったら 矢印の選択ツールに持ち替えます さあ そうすると これをドラッグすると 好きな位置におけるのですけれど 見て下さい このソース名というところ 「文字」と打った内容が書いてあります テキストツールでテキストを打つと このように一枚のレイヤーとして作られます この講座では この文字のレイヤーを 色々加工して アニメーションを作っていくことになるわけですが その時大事なところとして まず 正しい位置に配置しなければならない というのがあります 多くの場合 文字をど真ん中に配置したい というケースが多いと思うのですが その方法を解説します ではウィンドウのメニューから整列 これを出します そうしたら 整列のパネルというのが 出てきました では このレイヤーをど真ん中に そろえたい時には まずこのレイヤーを整列というところで これです コンポジションというところが 選ばれているのを確認しておきます レイヤーが一枚しかないと コンポジションになっています これはこのコンポジション この画面の全体を 基準にしてそろえるというやつです そうしたらレイヤーを選んだ状態 文字を選んだ状態で これが水平方向の中央です クリックすると 真ん中に行きます もう一つ これが垂直方向の中央 これを二つやると ど真ん中に入ります さあこれで基本的な配置は完了です こんな状態を毎回作りながら ここにアニメーションをつけて テキストアニメーションの バリエーションをご紹介していきます

After Effectsテキストアニメーション入門

AfterEffcetsの豊富な機能を使うと、他のビデオ編集ソフトとは比べ物にならないほど多彩で印象的な動きを文字に適用することができ、作品タイトルの表示などに大きな力を発揮します。 このコースでは基本的なテキストの動きからエフェクトを使った派手な装飾まで、AfterEffcetsを利用して動画上の文字を動かすさまざまなテクニックについて解説します。

2時間20分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。