After Effectsテキストアニメーション入門

スケールの変更によるアニメーション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「スケール」の変更を利用したアニメーションを解説します。
講師:
05:37

字幕

このビデオでは スケールを使った テキストアニメーションを ご紹介します さあ それでは 新しく コンポジションを作ります マックの方は コマンドを ウインドウズの方は コントロールを押しながら Nを押して はい コンポジション設定ですね じゃコンポジション名を 01_02としておきましょう でプリセットは HDV/HDTV 720 29.97 で長さ デュレーションは 5秒にしましょう 500と入れて これでOKします さあそうしたら 文字ツールを持って はい フォントが 小塚ゴシックProの 太さH で ええ 文字色は白にして サイズですね 250ピクセル これで 文字を打ってみましょう そしたらクリックして はい 拡大 と打ってみましょう はい 打ったら 選択ツールに持ち替えて ではこれをですね 整列を使って 中央 中央と はい ど真ん中になりました はい ええ アフターエフェクツで テキストアニメーションを 作るときなんですが とにかく一番基本で使うのが その名も 基本エフェクトと呼ばれる まあこのレイヤーに付いている トランスフォームという項目です それどこで見るかというと この レイヤーのですね 左の方の三角をクリックすると はい テキストと トランスフォームと出てきますので このトランスフォームを開けると こんな項目が出てきますね で例えばその中の [スケール]という項目を え このドラッグしてあげると 右に行くと どんどん大きくなっていきます で100パーを切ると どんどん小さくなっていくと はい このような 動作をします これマイナスに行くと 反転します はい まあ今回は 使わないですけどね こんな動作をしています はい で拡大したとき 例えばこれぐらい 思いっきり拡大したとします はいもう 10倍以上ですね そのときに ここを見て何か おっと気付いた方も いるかも知れないですが ええ例えば アフターエフェクツに 写真なんかを読み込んで 元のスケール以上に 拡大しちゃうと ここ 荒れてしまうんですね ぎざぎざ ジャギーが 出てしまうんですが 文字はこれ拡大しても きれいなままです アフターエフェクツの中で 打った文字は このトランスフォームの スケールで拡大しても ちゃんと きれいなままで 扱うことができるので 大変便利に 心おきなく 拡大したり 縮小したりすることができます はい ではですね ええ これ いっぺんに 元に戻したいときには リセットを押します はい リセットを押して また揃えますね はい ですので今回はですね ええ 文字が画面の 手前から奥の方にですね どんどん遠ざかっていくような アニメーションを 作ってみようと思います はい それではまずですね このタイムライン上の 時間位置 これを一番頭に 持ってきます そしたら スケールを とにかく とにかく 拡大し続けて ちょうどこの「拡大」 と書いてある間のところですね 隙間があるので そこを いっぱいになるようにして もう少しですね 見えなくなるところまで 持っていきます 大体こんなところですね はい まあ2308 ていう数字になりましたね はいでは  これをスタート地点とします ではこのスケールに対して このキーフレームですね これをオンにします さあこれでスタートの大きさは これになりましたね はい そしたら これをドラッグしていって はい 一番 右まで持ってきたら 今度はスケールを どんどん どんどん どんどん どんどん どんどん 小さくしていきます はい で どんどん 小さくしていって 最終的に ゼロにしてしまうので そういうときに 数字がわかっているときには 数字をクリックすると 入力状態になるので 0 と入れてあげると はい 見えなくなりましたね さあ そしてここにも キーフレームが ちょっと見えづらいですけど  できています さあこの状態で ドラッグしてみると はい 大きい状態から 小さい状態 そして やがて見えなくなると 手前から 向こうのほうに 動いていっているように 見えますね じゃ これを再生してみましょう はい 正しい動きを見るときには このプレビューのパネルで [RAMプレビュー]を クリックするか もしくは ええ テンキーのついている キーボードを使っている方は テンキーの0でも一緒です はい 再生してみると はい このように 手前から 奥の方にですね 遠ざかって行く アニメーションができました はい ええ  この部分のミソは 拡大しても このように ジャギーが出ずに 荒れずに  きれいに表示されるという点です これがですね このアフターエフェクツの中で 文字を打って 素材として使うときに  便利な点ですので この特徴をですね 是非とも 覚えておいて  のちに応用に 役立ててください

After Effectsテキストアニメーション入門

AfterEffcetsの豊富な機能を使うと、他のビデオ編集ソフトとは比べ物にならないほど多彩で印象的な動きを文字に適用することができ、作品タイトルの表示などに大きな力を発揮します。 このコースでは基本的なテキストの動きからエフェクトを使った派手な装飾まで、AfterEffcetsを利用して動画上の文字を動かすさまざまなテクニックについて解説します。

2時間20分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。