After Effectsテキストアニメーション入門

不透明度を使ったアニメーション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「不透明度」と他の要素を組み合わせたアニメーションを紹介します。
講師:
05:53

字幕

このビデオでは 不透明度を使った アニメーションを解説します さあそれではcommandもしくはctrl nを押して 新規コンポジションで 01_05と名前を付けて プリセットはHDV/HDTV 720 時間が デュレーションが500です 5秒と これでOKします さあそうしたら 小塚ゴシックProのH サイズ250で テキストツールを使って 「合成」と入れておきましょう そうしたら 整列パネルで これを中央に持ってきます さあこれで準備完了です 今回使うのが トランスフォームの不透明度 という これですね 不透明度というと 透明ではない度合い ということで 持って回った言い方ですが 不透明度が下がるということは 透明ではない値が下がるので 透明になる このように 透明の度合いを決めるのが 不透明度です 100%だと完全に見えていて 0%だと完全に透明になると これでアニメーションを 作ってみようと思います ではまず 最終的に完全に見えている状態が ゴールになるので 時間を4秒ちょうどに移動して そして不透明度 これkeyframe ONにします そうしたら ぐいっと先頭に戻って 不透明度0にします さあそうすると 徐々にフェイドインしてきて ゴールで このように全部見えると さあ こういうことができますね ではこれを応用して 他の要素も組み合わせて もうちょっと凝ったものを 作ってみようと思います では このレイヤーを全部で 全く同じもの3つ複製します ではこれやって下さい レイヤーを選んで アクティブな状態で Macの方はcommand Windowsの方はctrlを押しながら キーボードのdを押します するともう一個レイヤーができました ここをみると「合成」「合成2」と 2というのが新しくできました では この合成2を選んだ状態で また commandもしくはctrl dを押すと もう一個できました 「合成3」ができました この選んで レイヤーを選んだ状態で commandもしくはctrl dを押すと複製されます さらに単にレイヤーが増えるだけではなくて これを動かすと分かるのですが みんな消えたり出たりすると これ一緒ですよね 中の このkeyframeの設定等も 一緒にコピーされます では いっぺんに出ていると 分からなくなってしまうので 一回この目玉を全部クリックして 一回全部見えなくします そうしたらまず一個目 このレイヤーだけ見えるように しておきましょう そうしたら トランスフォームを開けて これですね 完全に見えなくなっても このハンドルという 四角が出ているので どこの位置あるのか分かりますね では これがこの 4のところですね 完全に見えるようになったところ 4秒のところをゴール地点として 位置を設定します ONにします そうしたら一番頭にきて で位置をですね こっちの画面の外側にくると だんだん入ってきて 見えるようになって 最終的にここで止まると こんな動きになりますね では今度は この「合成2」ですね これも開けてやって やはり4秒の時点で 位置をここでONにして ゴールにします そうしたら一番先頭です ここで今度 左側に持っていって これで両方から入ってきて 最終的に1個に 重なりながら1個になると こういう動きができました そうしたら今度は3つ目です これも開けてやって これはですね 今 位置を二つやったので 今度は スケールでやってみようと思います では4秒の時点で スケールを keyframeをセットします そして この一番先頭で スケールを拡大していって では1100%にしましょう そうすると だんだんフェイドインしてきて こんな感じになりました このように こうやってシンプルな要素の 組み合わせですけれど レイヤーを複製した上で ちょっと違う動きをつけてあげると 再生してみると こんな凝った感じのアニメーションを 作ることができました こんな感じにですね 不透明度 他のものと組み合わせるのにも かなり向いているので ぜひとも活用してみて下さい

After Effectsテキストアニメーション入門

AfterEffcetsの豊富な機能を使うと、他のビデオ編集ソフトとは比べ物にならないほど多彩で印象的な動きを文字に適用することができ、作品タイトルの表示などに大きな力を発揮します。 このコースでは基本的なテキストの動きからエフェクトを使った派手な装飾まで、AfterEffcetsを利用して動画上の文字を動かすさまざまなテクニックについて解説します。

2時間20分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。