After Effectsテキストアニメーション入門

文字が光を放つアニメーション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「CCRadialFastBlur」を使って、文字が光を放つアニメーションを作成します。
講師:
04:55

字幕

このビデオではエフェクトを使って 文字が光を放ってるような アニメーションを作ってみます。 はい、それでは新しくコンポジションを作ります。 Macの方はコマンド Windowsの方はコントロールを 押しながらNを押します。 はい、そしたらコンポジション名は 03_ 01としましょうね。 はい、HDV/HDTV 720 29.97で デュレーションは500と 5秒ですね。 はい、ではですね、テキスト ツールに持ち替えて はい、小塚ゴシックPROの A1の250、文字色は白で はい、では 光線と つけておきましょう。 はい、そして整列で 中央にもってきます。 はい、ではですね ここにエフェクトをかけて この字がですね、光ってるような 効果を作ろうと思います。 はい、光らせるエフェクトって 色々あるんですが では、レイヤーを右クリックして エフェクトのメニューから ブラー&シャープ ここを使います。 ブラーはですね ぼかしのカテゴリーなんですが 実はこの中にも 光系のエフェクトが ありまして Radial First Blur これを選びます。 はい、そうするともう ちょっとだけ効果がついてますけど はいここにエフェクトコントロールで出ますね はい、このAmountの 値を上げていくと まあ、こんな感じで ズームしたような ぼかしですね、がかかるエフェクトです。 で、これだけかけただけでも、まあわりと ちょっと光っぽいような感じはするんですが 実は、もう一段階ですね さらに、光ってるような感じに出来ます。 はい ここの スタンダートとなってる所ですね これクリックすると Brightest、Darkestという 選択肢があるので これ、Brightestを選びます。 すると どうでしょう はい、 ずっとですね、白いとこ強調されて さらに光ってるような感じになりました。 はい、 もう、これを動かしてるだけでも 相当いい光のアニメーションですね。 では、これをですね 100にしときましょう。 そしてこちらに移動して キーフレームを 設定します。 エフェクトの所を開けて CC Radial First Blur これを開けて Amountの所ですね じゃあ、一番最初に キーフレームを入れます。 そして 4秒のところで 0にしときましょう。 すると このように光がですね だんだん収縮して行く 感じになります。 でですね、最初がちょっと うるさすぎる感じもするので ここですね、下のほうの トランスフォームで 不透明度、設定して 最初は 完全な透明な状態 から始めるようにしましょうね。 では、1秒のところに 不透明度100%でキーフレームを打って 一番先頭はこれを 0にします。 さあ、そうすると はい、ちょうどいいぐらいですね。 光を放って 文字が浮き出てくるような。 そのような効果が出来ました。 はい、これのポイントはですね、 やっぱりこのBrightestにすることで これ、Darkestにすると まったく 逆の効果になります、この文字の中が えー、光線が入ってくるんですね。 これはこれで別の効果として 使えますが、やはり、光を放ってるって いうのとはちょっと違いますね。 これは Brightestにすると 最大限に効果を発揮します。 さらにですね、ちょっと応用するとすれば このCenterという所の数字ですね これ今、完全にど真ん中になってますけど これをずらすと光の向きが 例えば Centerを下の方にもってくと 光が上の方に行きますし 逆にすれば下に向いたりするので 例えばですね ちょっとこの文字の下の方に Centerを持って来れば はい、こんな感じに 上に向かって放射状に 光を放っているような 効果を作ることができます。 はい 特にですね、まあ文字をちょっと派手に 出したいなんて場合に、非常に このRadial First Blurの この構成は 使えるので ぜひともこの方法を覚えておいてください。

After Effectsテキストアニメーション入門

AfterEffcetsの豊富な機能を使うと、他のビデオ編集ソフトとは比べ物にならないほど多彩で印象的な動きを文字に適用することができ、作品タイトルの表示などに大きな力を発揮します。 このコースでは基本的なテキストの動きからエフェクトを使った派手な装飾まで、AfterEffcetsを利用して動画上の文字を動かすさまざまなテクニックについて解説します。

2時間20分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。