After Effectsテキストアニメーション入門

高速で動く文字その1

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
目の錯覚を利用して、文字が高速で動いているように見える背景を作成します。
講師:
06:34

字幕

このビデオではスピード感のある テキストアニメーションの作成に チャレンジしましょう はいそれではですね まずコンポジションを作ります Mac の方は "command" Windows の方は "Ctrl" を押しながら "N" を押します はいそしたら名前は "04_01" としておきます そして"プリセット" は "HDV/HDTV 720" と "デュレーション" 5秒ですね これで "OK" します さぁそしたらテキストツールを持って "テキストカラー" は白にして はいではですねこの状態でクリックして はい "高速" と打っておきましょう はいそしたら "整列" で 水平垂直共に中央にしておきます はいそれではですね今からこの文字が なるべく早いスピードで 動いている様に見せたいんですが 文字なので例えば画面の中で凄く早く 一瞬で通り過ぎたって読めなければ 困ってしまうんですね なのでちょっとこの "早く" というのが 頓知の世界に入って来るのですが スピード感を出すと言う事はなにも 文字自体が早く動かなくてもいい訳です はいその例をですね ちょっとやってみようと思います ではまずですね この背景を作ってみようと思います では何も無い所右クリックして "新規" -> "平面" これを作成します さぁそうすると "ブラック平面" ていうのが出てくるので カラーは取り敢えず黒にしておいてください はいこれで "OK" します はいそしたら文字の上に出来てしまったので ドラッグして文字の下に置いておきます はいそしたらですね この平面の方にエフェクトを加えていきます ではまず1個目は右クリックして "エフェクト" -> "ノイズ&グレイン" これの "ノイズ" というのがあるので これを適用します はいそしたらですね これの "ノイズの種類" "カラーノイズを使用" っていう所 チェックを外して 更に "クリッピング" "クリップ結果値" という所ですね これも外しておきます さぁその上で "ノイズ量" ってとこですね これ1パーセントで選んで1にすると はい突然何かノイズが出てきましたね これ再生すると はいもう1コマ毎にランダムに変わるので 凄い勢いのノイズが出ています はいこれを材料にします さあこの時点でちょっと文字が目立たないので はい文字の例を選んで カラーですねこれを赤にしておきましょう はいこんな感じになりました さあそれではこの背景の平面に対して 今度はですね右クリックして "エフェクト" の "ブラー&シャープ" から "ブラー(滑らか)" これを選びます はいそしたらですね "ブラー" なので これボカしなんですが 普通にやると全体がぼやっと膨れます これはですね "ブラーの方向" という所を "水平" にしてあげます するとこの "ブラー" を増やしていくと どんどん横方向にブレていきます じゃ200にしてください はいこれで再生するとですね どうでしょうもうちょっと 高速移動をしている様な 雰囲気になった様に見えないでしょうか はい高速でですね移動してる車なんかから見た 風景っていうのはこんな感じにブレますよね この中に物を置いてあげると この文字自体は全く動いてないんですけど 早く動いている様な錯覚に陥ります さあこれを利用します ではですね先ず背景を完成させましょう 先ずですねこの "ブラー(滑らか)" で 横にブラすとこの端っこのとこ ちょっとグラデーションになっちゃってますね 端っこの部分がこういう風に なってしまわない様にするには "エッジビクセルを繰り返す" と これをクリックしておくと はい端っこまで綺麗になります そしたらこのスピードのラインですね これをもっとクッキリさせたいので 右クリックして "カラー補正" から "輝度&コントラスト" はいこれを立ち上げて "コントラスト" ですね先ず100にします そして "輝度" これをちょっと下げます 大体ー32くらいでいいでしょうかね はいすると余計にこのラインがクッキリして 流れる様な雰囲気出てきましたね そしたらここへですね色を付けてあげましょう では右クリックしてこちらでも エフェクト掛ける事が出来ますね はい "カラー補正" の "トライトーン" これを掛けます はいそうするとちょっと色が付きましたが この "トライトーン" というのは "ハイライト" "ミッドトーン" "シャドウ" 白の部分 黒の部分 そして中間の部分 それぞれに色を割り振ることが 出来るエフェクトです では "ミッドトーン"の部分ですね クリックして これ色素を動かして ちょっとこの明るく鮮やかな黄色にしましょう はいもうこれぐらいの色にしてあげると 丁度赤と浮き立っていいですね そしたら "シャドウ" の部分も ちょっと真っ黒では濃いので 多少このカラーピックを上に上げてですね これぐらいのグレーにしてあげると 丁度スッキリしますね さあこれで "プレビュー" してみると はいどうでしょう 完全に止まってる文字も なんとなぁく動いている様な 不思議なもので錯覚しますね はいこんな感じで背景が出来ました さこれに更に文字に加工を加えていきます

After Effectsテキストアニメーション入門

AfterEffcetsの豊富な機能を使うと、他のビデオ編集ソフトとは比べ物にならないほど多彩で印象的な動きを文字に適用することができ、作品タイトルの表示などに大きな力を発揮します。 このコースでは基本的なテキストの動きからエフェクトを使った派手な装飾まで、AfterEffcetsを利用して動画上の文字を動かすさまざまなテクニックについて解説します。

2時間20分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。