After Effectsテキストアニメーション入門

水中でゆらめく文字その3

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラーを適用するなどして仕上げます。
講師:
05:07

字幕

このビデオでは文字の質感を微調整して 最終的に追い込んでいきます さぁ それでは これをですね さらに調整して より水中にあるような 雰囲気にしていきましょう ではですね 今 この水面に合わせた動きを しているわけですが さらにですね もう一種類動きを ちょっと加えてみようと思います では はい エフェクトコントロールのところを 右クリックして 「ディストーション」 から 「波形ワープ」 というのを 呼んでくると はい かけただけで こんな感じで 波打ちましたね 波形ワープはかけてやると 自動でこのように 一定間隔の波ができてくる そんなエフェクトです それでは まずですね 「方向」 というやつを これをぐいっとですね 0 にしてあげて はい 縦にゆらゆらと 揺れるような感じにしましょう そしたら これちょっと曲がりすぎなので 波形の高さ というのを 3 ぐらいにしてやると ちょっとささやかになりますね はい あと波形の幅 というのを変えてあげると このですね 全体の波の幅が変わっていくので これを 137 と このぐらいにしておきましょう はい こうすると よりですね 縦の 揺れも加わるので より一層ですね 水に揺られているような感じになりました はい それでは あと今文字がちょっと くっきりしすぎているので これをですね また 「ブラー&シャープ」 の 「ブラー(滑らか)」 これをかけてあげて ブラーを 5 ぐらいかけてあげると ちょっとうっすらぼけてですね はい どうでしょう かなり水中にいるような雰囲気になりましたね はい ではこれで基本的な動きは 完成です ではですね 仕上げに 文字が出てくる所も ちょっとひと工夫してみましょう では また右クリックして また 「ブラー&シャープ」 ですね ここで 「CC Vector Blur」 というのがあるのでかけてあげます さぁ この Vector Blur なんですが 「Amount」 というところを 上げてやると はい 普通にぼけるんじゃなくて 変な形にぼけましたよね こうしたテクスチャに沿ったような 個性的なぼけ方をするのが この Vector Blur です ではタイプをですね 「Direction Center」 と これに切り替えます そしたら一番先頭部分で Amount を増やしていくと はい 90 ぐらいにすると こんなにじんだような感じになりますよね ではこれで Amount のキーフレームをオンにして で 2 秒目で 0 になるようにします すると 最初形がにじんでいたものが だんだんとくっきりしてくると いった状態になりました では このにじんだのが あまりはっきり見えていると変なので トランスフォームの不透明度をですね これ 1 秒目でキーフレームを1個入れて 今度一番最初に戻って 最初で不透明度 0 にします はい そうすると この何もないところに ふわっと文字が浮かんできて にじんでいたのがだんだんはっきりして と こんな効果になりました さぁ じゃぁこれで全体を見てみましょう そうすると さぁ いかがでしょうか はい 水の中で文字が揺れているような アニメーションが出来上がりました はい こんな感じでですね えー 静かな感じですけど なかなか 雰囲気のあるアニメーションですね 文字を大きく動かすだけでなくて これはやっぱり背景で 効果を大きく出している 周囲の環境で 効果を出している一例かなと思います 特にですね Displacement map を使って この文字の ゆがみですね これを水面に合わせている やり方は 結構応用が利くものですので ぜひともいろんなパターンで 使ってみてください

After Effectsテキストアニメーション入門

AfterEffcetsの豊富な機能を使うと、他のビデオ編集ソフトとは比べ物にならないほど多彩で印象的な動きを文字に適用することができ、作品タイトルの表示などに大きな力を発揮します。 このコースでは基本的なテキストの動きからエフェクトを使った派手な装飾まで、AfterEffcetsを利用して動画上の文字を動かすさまざまなテクニックについて解説します。

2時間20分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。