After Effectsテキストアニメーション入門

ネオンサイン2

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
電飾の電球を作成します。
講師:
04:05

字幕

このビデオでは文字の後ろに 電飾用の電球を作ってみましょう それではこの背景を今度 作ってみようと思います それでは右クリックして新規>平面 これを斡旋します とりあえず見やすいように この文字の前で作業してみましょう では これに対して右クリックして エフェクト>描画のセルパターン というやつを選びます するとセルパターン 細胞パターンというくらいで こんな感じの模様ができてきました これだけみると ランダムに見えるのですが この分散というところですね これを値を0にしてしまうと 規則的な並びになります そうしたら今 これ四角いタイルみたいに なっていますけれど これをコントラスト これを上げていくと どんどん どんどん 球形になっていきます コントラスト700にしてみましょう そうしたらサイズをずっと下げていくと またこのように下がっていくので ではサイズも32にしてみましょう すると こんな感じの電飾がずらっと 並んでいるような状態となりました では ここに対してさらに 色や光を加えていこうと思います それでは同じレイヤーに対して カラー補正のトライトーン これを適応します さあそうしたら ミッドトーンとシャドウは そのままでいいので ハイライトこの部分に 若干薄めの黄色ですね これを付けてあげます さあこのfxというところをクリックすると エフェクトをOFFできるのですが だいぶ電球っぽくなりましたね そうしたら さらにここに 光っている感じを出すために 右クリックして スタイライズからグロー これを適応します そしてグロー半径です これをちょっと広げてあげます しきい値、グローしきい値もちょっと下げます さあこれによって だいぶ電球がついているような 感じになりましたね これで基本的なパターンは完成です そうしたら これをレイヤーごと 文字の後ろにもってきて このような配置となりました ではこの電球なのですけれど この電球の配列が どんどんスクロール していくような効果を作ろうと思います では再びセルパターンを開けます そして その中のオフセット というのがありますが これを動かすとこのように上下に動くのですね これをまず0にしましょう そして このオフセットに keyframeをONにして これで一番最後のところで では360としましょう こんな感じに設定してあげると このように電飾が降りていくような 感じの効果を作ることができます では ここにさらに 様々な装飾を加えていきましょう

After Effectsテキストアニメーション入門

AfterEffcetsの豊富な機能を使うと、他のビデオ編集ソフトとは比べ物にならないほど多彩で印象的な動きを文字に適用することができ、作品タイトルの表示などに大きな力を発揮します。 このコースでは基本的なテキストの動きからエフェクトを使った派手な装飾まで、AfterEffcetsを利用して動画上の文字を動かすさまざまなテクニックについて解説します。

2時間20分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。