After Effectsキネティックタイポグラフィ講座

テキストの動きを作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スケール、位置、回転で、テキストの動きを作成します。
講師:
06:09

字幕

このビデオでは テキストに動きを加えていきます それでは これに動きを 加えていこうと思うのですが まず このレイヤーが ずっと頭から続いてしまっているので このマーカーの部分 「I'm thinking about things 」の マーカーの前はいらないので この部分は端っこをドラッグしてきて なくしてしまいます では ここからスタートします まず この「I'm 」の文字を 画面いっぱいに出そうと思います 角度の回転を 90 度入れて 位置を下の方に持ってきて そして 「スケール」です 位置とスケールを調整して 画面いっぱいにします ここをスタート地点としたいので 「位置」と「スケール」と「回転」に キーフレームを入れます そうしたら ここから3フレーム進めます Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら カーソルキーの右を1,2,3、と押すと 3フレーム進むので ここを動きの拠点にしたいので 「現時点でキーフレームを加える」を 全部オンにしていきます 今度はさっきの文字の 全体が見えるようにしたいので 「スケール」を 100% に戻しましょう そして 位置をどんどん小さくしていって 見える所まで持ってきたら 回転も0(ゼロ)にして 角度を戻しておきます そして 位置を真ん中付近に持ってきて スケールもちょっとだけ変えて こんな感じにしましょう そうしたらまた 2フレーム進めます 1,2、進めて これで 現時点のキーフレームを入れておいて ここから6フレーム進めます 1,2,3,4,5,6フレーム進めます そして ここにまた動きを付けるんですけれど 今度は「things 」を 大写しにしたいので まず 回転を -90 入れて そして位置を下の方に持ってきて こんな感じに 合わせます そうしたらここから また3フレーム進めて ここで少しだけ「things 」を 拡大したいので 「スケール」をちょっとだけ拡大して 位置も下の方にして 回転はいじらないので 現時点でのキーフレームを入れます 今度は2フレーム進めて 下にあった 「that are」の方に行きたいので 「回転」を-180 にします そして位置を少し上にして 「スケール」をちょっと大きくして ここを拠点にします 今度は4フレーム進めます 1,2,3,4フレーム進めて これで「 that are 」が スクロールするような 感じにします そうしたら「スケール」と「回転」に キーフレームを入れておきます 今度は真ん中の「 transient 」に フォーカスしたいので 回転をまた付けてあげるので 1,2,3,4フレーム進めて ここで回転を-360 にします すると 「回転数」が-1になります そうしたら位置を直して スケールをちょっと大きくして そうしたら 1,2,3、4、 5,6、7、8,9と 9フレーム進めて 位置を こんな感じで進めます そうしたら「スケール」と「回転」にも キーフレームを入れます そうしたら ここから にじむような形で ぼけて消えていく感じを作りたいので 「レイヤー」を右クリックして 「エフェクト」の「ブラー&シャープ」から 「ブラー(なめらか)」 これを持ってきます そして「ブラー」に キーフレームを入れて そうしたら8フレーム進めましょう 1,2,3,4,5,6,7、8 ここで「ブラー」をちょっと大きくしてあげて では 80 にしておきましょう そうしたら また元の キーフレームの所に戻って 今度は「不透明度」にキーフレームを入れて 「不透明度」は10 フレーム先に キーフレームを打ちます 1,2、3,4,5,6、7 8,9、10 と・・・ ここで「不透明度」を0(ゼロ)にします すると ふわっとぼけて 消えて行くようになります これで一連の動きが一通り付いたので 1回動きを見てみましょう では 「RAM プレビュー」を押すと (音楽) こんな感じです 非常に速いですが (音楽) この様な形でアニメーションができました

After Effectsキネティックタイポグラフィ講座

話し言葉や音楽に同調するように動くテキストのアニメーションを「キネティックタイポグラフィ」と呼びます。文字を印象的に見せるのに効果的で、芸術作品から広告やゲームなどさまざまな動画で応用が可能です。このコースではAfterEffectsの高度なテキストアニメーションや3D機能を使って印象的なキネティックタイポグラフィを作るノウハウを実践的に学びます。

2時間08分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。