After Effectsキネティックタイポグラフィ講座

伸びる葉を合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
図柄の中で伸びる葉のアニメーションを作成します。
講師:
06:15

字幕

このビデオではドラムの中から 葉っぱのようなものが にょきっと生えてくる アニメーションを作ります それでは途中で転がり終わった時点で ここの部分からにょきっとですね この leaf.psd の中にある この葉っぱのような模様 これが生えてくるという演出を 作ろうと思います その方法なんですが この部分だけ 複製して切り取って隠した上で 後ろから leaf.psd を拡大するという 方法でやってみます やってみましょう ではまずこの sgtpepper.psd を複製します 選択した状態で Mac の方は Command Windows の方は Ctrl を押しながら D を押します そうすると もう1個同じのができますね そしたらこっち側はいらないので Mac の方は Command Windows の方は Ctrl と Shift と D を押すと分割できます ではこっちの部分を切ってしまいます そしたらここの上にあるもの 今 全部がもちろん見えていますけれども マスクを作ってこの部分だけを切り取ります では一旦こっちの下のレイヤー これを目玉をクリックして見えなくします こっちが見えなくなりましたね そしたら複製した方を拡大します 見えやすいくらいまで拡大して― ここをフル画質にしておくと完全に 見えるので作業がしやすくなります そしたら ここの線に合わせて マスクを作成するので基準となる 作業用のルーラーを引いておきましょう では Mac の方はCommand Windows の方は Ctrl を押しながら R を押します そうすると目盛りが出てくるので ここから目盛りの部分をクリックして 下にドラッグしてくると線が出てきます まず下の線の端っこに合わせて 1本引いておきます そして上の線の上の端にも 合わせて1本引きます これで2本できましたね そしたら このシェイプの部分で 長方形ツール これを選びます そしたら必ずこのレイヤーです 今見えてるドラムのレイヤーですね これを選んだ状態で引いていきます 選んでいないとシェイプー 形が新しいレイアウトとして できてしまうので 必ずこれを選んでおいて下さい この状態でこのドラムの外側のところで この線に合わせて一回クリックして 引っ張ってきます するとここだけ見えてきますね そしたら下もぴたっと吸着するので 線に合わせて離してあげます すると ここだけ 切り取られた部品になりました では「選択ツール」をクリックして この状態で下のレイヤーを 目玉をクリックして見えるようにしましょう 拡大率は「全体表示(最大100%)」 にしておきます 画質表示も2分の1か 3分の1くらいにしておきましょう そしたらこの状態で leaf.psd を ドラッグしてきて この2つの先にあるドラムのレイヤーの 間のところに入れてあげます するとこのような状態になります 今全部が見えていますね では leaf.psd のスケールを どんどん小さくしていくと― こんな感じで上の切り取ったマスクの下に 隠れて見えなくなっています じゃあこれが見えなくなるくらいまで 縮小しますね 10 %としておきましょう この線は ルーラーはもういらないので ドラッグして定規の方に戻すと消えます もう1個もドラッグして 定規の方に戻すと消えます では Command もしくは Ctrl を押しながら R を押すと目盛りも消えますね そしたらこっちの leaf ですね 以前の部分はいらないので レイヤーを選択した状態で Command もしくは Ctrl そして Shift+D を押して 分割して前の方はデリートします ではここから 10 フレームかけて拡大する アニメーションを作りたいので ではトランスフォームを掛けておいた状態で まずは最初の位置で スケールに1フレーム入れます そしたら Command もしくは Ctrl 押しながら 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 10 フレーム動かして これでスケールを大きくすると― にょきっと生えてきた感じが出るので では 46 %としましょう こうすると… これがゴロリと転がって来て 転がり終わると にょきっと生えるという― アニメーションができました それでは さらに加工を加えていきます

After Effectsキネティックタイポグラフィ講座

話し言葉や音楽に同調するように動くテキストのアニメーションを「キネティックタイポグラフィ」と呼びます。文字を印象的に見せるのに効果的で、芸術作品から広告やゲームなどさまざまな動画で応用が可能です。このコースではAfterEffectsの高度なテキストアニメーションや3D機能を使って印象的なキネティックタイポグラフィを作るノウハウを実践的に学びます。

2時間08分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。