After Effectsキネティックタイポグラフィ講座

全体をズーム

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
3つのレイヤーを、ヌルオブジェクトを使って一度に動かします。
講師:
06:56

字幕

このビデオでは ドラムをまとめて拡大して そのあとフェードアウトさせます それでは まず 葉っぱがニョキッと生えてきて 止まった時点から ドラム全体が画面全体になるように 拡大したいと思います 今レイヤーが3枚あるので バラバラに設定すると大変ですから ここで一括操作したいと思います ここを右クリックして 「新規」「ヌルオブジェクト」を実行します すると「ヌル2」ができました 前の方は要らないので この辺で切りましょう 最初のレイヤーが出てくるところで Mac の方は command Windows の方は Ctrl そして Shift とDを押して分割して 要らない方をデリートします そうしたらこの3つのレイヤーの 「親」という項目を 「ヌル2」に全部そろえます そうしたら これが出てきて 葉っぱが出きったところから 「ヌル2」のトランスフォームを開けて スケールにキーフレームを入れます そして5フレーム進みます 元々このドラムは50%の 大きさにしてあったので それを完全に最大の大きさにしたいので 「ヌル」の方を200にすれば こちらは100%になったわけです では この状態を見てみると ゴロリと転がってきて ここで拡大する こんな動きができました この後で3つを フェードアウトさせたいのですが ヌルオブジェクトだと不透明度の オフセットは0%になっていて それ以上落とせないので これだけは違う方法をとります この3つのレイヤーを まず一番上をクリックします そして一番下のを Shift を押しながら クリックすると 3つを一度に選べます こちらの三角をクリックして さらにこちらも三角をクリックして 不透明度にオンを入れます そして5フレーム進めて ここで不透明度をゼロにします すると全部一度に消えましたね このように複数選択して操作しても いっぺんに変えることが出来ます ではこちらの拡大はなぜ ヌルオブジェクトを使ったのかというと 不透明度は全て数値が同じでした 不透明度100%の状態で あわせて全部いっぺんに 0%に持ってきたのですが 拡大操作の場合 このSgtPepper.psdは スケールが50%だったのに対して Leaf.psd は 46%と微妙に小さかったのです このオフセットを保ったままで 一括で動かすときには ヌルオブジェクトを使って親を設定して 操作することが有効になります 全部が全く同じ数値の時には まとめて選んで どれか1個のパラメータを動かしても 一緒に動かすことができます これでできた動きが 転がってきて 葉っぱが生えて拡大して 透明になるというわけです では最後に これに動きに合わせたブレが出るように モーションブラーを設定しましょう モーションブラーのマスターの スイッチを入れます そして SgtPepper と Leaf 両方のところに 入れておくと 転がっているところもブレますね 拡大しているところもブレて リアルな感じになります この辺からRAMプレビューしてみましょう (音楽) 少しフェードアウトの部分を オフセットで最終的に直します また3つ選んで これを開いて この不透明度の部分を 今このタイミングで無くなっていますが これをもう少し後ろの方に この辺まで持ってきて 一度RAMプレビューしてみます (音楽) ここでもう言葉が終わっているので もう少し前ですね (音楽) では14:07の位置まで フェードアウトを延ばします こちらも延ばします 同じく延ばします すると転がってきて もう少しゆっくり消えるようになりますね これでプレビューしてみると (音楽) こんな感じになりました この時 こちらのシリンダーが まだ残ったままになっていますので この拡大の動作に合わせて 後ろも消えるようにします 上のレイヤーは全部たたんで 「シリンダー」のトランスフォームを開けて まず不透明度を最初の時点で 100%でオンにします そして拡大しきったここで 0%にしておきます すると 太鼓が消えた後は何も無くなっている そして次のテキストにも一緒に 行けるようになっています では先に進めていきましょう

After Effectsキネティックタイポグラフィ講座

話し言葉や音楽に同調するように動くテキストのアニメーションを「キネティックタイポグラフィ」と呼びます。文字を印象的に見せるのに効果的で、芸術作品から広告やゲームなどさまざまな動画で応用が可能です。このコースではAfterEffectsの高度なテキストアニメーションや3D機能を使って印象的なキネティックタイポグラフィを作るノウハウを実践的に学びます。

2時間08分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。