Photoshop色調整マスターコース

最大の色域を得るためのカラー設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業時に色域を最大限に取るための設定について解説します。
講師:
04:23

字幕

このビデオでは Photoshop で カラー調整を行う際の カラー設定について解説します Photoshop でカラー調整を行う際は カラープロファイルが大事になります 本来モニターや紙は1個1個色が違うので 例えば このモニターで バッチリの色に調整しても 他のモニターに持っていったら 色が変わってしまう それが本来なんですが それでは困るので 大体どこへ持っていっても 同じような色になるという それを実現するための設定として カラープロファイルがあります 「編集」メニューの「カラー設定」を開けると 何も設定を変えていなければ この設定「一般用―日本2」と 皆さんのところもなっていると思います この中で RGB というのが作業するときの 大体のモードですので ここに出ているこれがカラープロファイルです この設定の場合は sRGB という設定で 色の調整が行われる 作業が行われるので sRGB の対応したもので 他にもっていっても 大体同じ色になるというー 形になっています ただ この sRGB は作られたのが かなり前の規格でして 色の持ってる範囲が狭いんですね なので Photoshop の持ってる ポテンシャルを完全には活かせないというー ちょっと残念なものになっています Photoshop の処理能力を最大限に 活かすのであれば これを開けて この中の「 ProPhoto RGB 」にすると さっきの sRGB よりはるかに広い範囲の 色を扱えるので もっと色調整を細かく行えると いうことになっています ただ この ProPhoto RGB というのは プロファイルというのは他にモニターや プリンターに対応しないといけないんですが それらにあまり対応していません それで完全にこれも活かすのは 難しい訳ですが とりあえず作業だけでも これで行ってると 結果が多少広い色の範囲で行えるという 利点もあります その際 一回キャンセルします 「イメージ」の「モード」に ~bit チャンネルがありますが これも色々な深さを表しているんですが 8 bit だと ProPhoto RGB の範囲を 十分活かせないので 16 bit にすると ProPhoto RGB の 色の範囲を最大限に活かせます ただ処理が少し遅くなったり ファイルが重くなったりはします そこは天秤にかけることになります ではまた「カラー設定」に戻って それを踏まえた上で 16 bit のモードにした上で さらに ProPhoto RGB で作業すると そうすると一応最大限のアドバンテージを 持って作業することができます その際なんですが 画像はどんなカラープロファイルを 持ってるか 例えば sRGB のカラープロファイルを 持ってる画像を読み込んだ時に 調整を行ってまた出してしまうと 他で見た時に色が変わるんですね ですから 違うプロファイルを使ってると 認識しなければいけない訳ですが それが分かるようにするには この「プロファイルの不一致」のところで これをファイルを開く時とか 他からペーストする時 両方で確認のダイアログを出す また プロファイルが無い時も 確認する これをオンにしておくと 違うプロファイルまたはプロファイルが ないものがきた時に プロファイルが違うよ 無いよ と言ってくれるので 認識しやすくなります そういうわけで 完全に Photoshop の ポテンシャルを活かすとなれば ProPhoto RGB はまだあまり普及して いないものではありますが 性能を活かすには有用な一つです もしその辺がなかなか 煩雑だという場合には 初期設定の sRGB で行っても OK です

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。