Photoshop色調整マスターコース

CameraRAWでのカラー設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CameraRAWでのカラー設定について解説します。
講師:
01:52

字幕

このビデオでは Camera Raw での カラー設定について解説します デジタル一眼などで撮影された RAW ファイルを Photoshop で開くと 現像の Camera Raw が立ち上がります Camera Raw で作業するときの カラー設定ですが 今の状態がここに表示されています この部分をクリックすると 設定の画面に来ます RAW 現像は広い色域で行った方が 結果が良くなりますので 出来ればカラースペースを ProPhoto RGB に設定すると このヒストグラムを見ると分かるように 元の Adobe RGB では 端に少し平らになった所があります これは色がはみ出して クリップしている状態ですが これを ProPhoto RGB にすると 解消されますね これは色の領域が広がったということです このように設定を変えると 処理のされ方も変わってきます このビット数が 8ビットだと グラデーションがジャンプしてしまう 可能性があるので 16 ビットにすると より高画質で行うことができます これで「OK」すると設定が変わりました 最大限の色域を使って RAW 現像を行う際には この部分でカラースペースを ProPhoto RGB にして ビット数を 16 ビットにすると最も最適です

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日
再生時間:1時間46分 (35 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。