Photoshop色調整マスターコース

彩度のブーストで色の偏りを判断

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
意図的に彩度を極端にブーストし、色の偏りを判断する手法を解説します。
講師:
02:30

字幕

このビデオでは彩度をブーストさせて 写真の中の色の偏りを判断する手法をご紹介します 写真を見たとき何か色の偏りがあるようだけれど 肉眼で見てもなかなか何色に偏っているか 分からないという場合があります 例えばこの写真は空の青さの印象が強いので 青が目立ってしまうのですが 実際には どの色の成分が多いのかということが なかなか分かりにくくなっています そんな時は「色調補正」の 「色相・彩度」を作ってみます そして彩度をめいっぱい右にブーストさせます するとこんな感じになりました もう画像としては破綻していますが どうでしょう 元の画像では単なるグレーにしか 見えなかった部分に こんなに赤の成分が含まれていたのですね この岩肌の雪との境目もそうです こんなに赤系の成分が入っていました ではこれを一度オフにして カラーバランスを入れてみます そしてこれを赤の反対のシアンの方に 持っていって見ます 軽くほんの少しだけマイナス 12 ぐらいですが どうでしょう これ比べて見て これを入れてみると 元の画像がこれです そう言われると元の画像は赤っぽい というのに気付きますね カラーバランスをオンにして 少しだけシアンの方に転ばせると 空の青さや草の緑は保たれたまま 道路の色や白い部分が すっきりしたように見えないでしょうか かぶりが取れていますね このように元の画像を肉眼で見ただけでは 分かりにくいところも 彩度をブーストさせると こんな成分が入っていたんだと かなり判断しやすくなります これは便利に使える手法ですので ぜひこれで彩度をブーストして チェックした上で カラーバランスで調整という 2段構えを覚えておくと便利かと思います

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。