Photoshop色調整マスターコース

ヒストグラムの読み方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ヒストグラムパネルの細かい使い方を解説します。
講師:
02:33

字幕

このビデオではヒストグラムの 見方について解説します ウィンドウメニューの 「ヒストグラム」を表示します すると こんなものが表示されます これがヒストグラムで 左に行くほど暗い部分の情報 右に行くほど明るい部分の情報となって 暗い方から明るい方までの各位置で どれぐらいの量あるかというグラフです 現在ここに警告マークが表示されています いまキャッシュを使用して表示されているので クリックしてキャッシュ無しの データに切り替えます これで正しいものが出てきます 今こういう表示になっていますが このメニューから「拡張表示」にすると サイズもアップして 細かい文字情報も出てきます また「全チャンネル表示」にすると さらにレッド グリーン ブルーの 光三原色それそれのチャンネルの 情報も出てきます これを見ると例えばこの画像ですが 真っ暗な方まだ余裕がありますね 真っ白な方もだいぶ余裕があります 画像は全体的に真っ暗な部分と真っ白な部分の どちらもないゆるやかなコントラストの画像です この一番上の部分は いま RGB それぞれが重なって 表示されていて 重なった部分の色も表示されていますが これを例えば「RGB」にすると この3つを足した平均が表示されます 通常 画像全体を評価するときは この RGB を使います またこの部分は こちらと同じように レッド グリーン ブルーを出すこともできるので 表示が「拡張表示」のときに それぞれを切り替えて出しても結構です このようにしてヒストグラムで 画像全体の明るい部分と暗い部分の 割合を判断できます これが例えば明るい方や 暗い方にベタッとくっついてしまうと こっちだと黒つぶれ右側だと 白飛びしていることになりますので そういう判断をするところに便利なので 是非とも使ってみてください

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。