Photoshop色調整マスターコース

LABモードでのカラーバランス調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
LABモードのカラーバランスを使って、色温度をベースにしたカラー調整を行う方法を解説します。
講師:
02:31

字幕

このビデオでは Lab カラーモードでの カラーバランスの調整について解説します 写真の色を調整するときに 色温度を上げ下げする考え方の方が 分かりやすいという方も多いと思います ただ通常の色調補正を使うと RGB のバランスになるので この感覚が分かりづらい という人もいるかもしれません そんなとき― これは一回消して 今 通常 Photoshop 上の画像は 「RGB カラー」というモードになっていますが これを「Lab カラー」というモードに切り替えます そして ここで色調補正のカラーバランスを アサインすると RGB の時はスライダが3本あったのが 2本になっています ブルーかイエローかのスライダと グリーンかマゼンタかのスライダです Camera Raw をよく使う方は これは似ていると思うかも知れません このブルー イエローはまさに色温度の変化です このように色温度の変化と同じような ブルーとイエローの間で往復できる スライダがあります また Camera Raw には 色かぶりの補正のところで グリーンかマゼンタの方に振れるものもありますが これはまさに それと同じものです このように Lab モードではカラーバランスの インターフェイス自体が変化して 色温度の感覚で扱えるとともに さらにこの「シャドウ」「ハイライト」 「中間調」のそれぞれに分けた形でも調整できるので なかなか分かりやすいかと思います これで調整した上で また RGB に戻すときですが 「イメージ」「モード」の「RGBカラー」を選ぶと この仕様を保ったまま RGB に戻すことはできないので この色調補正を破棄してしまうか 「統合」つまり効果をこのレイヤーに 適用するかを選ぶことになります 「統合」とすると調整した結果を保ったままで RGB に戻すことができます カラーバランスを色温度を中心とした Camera Raw のような形で使いたいという方は 是非とも試してみてください

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。