Photoshop色調整マスターコース

複数の調整レイヤーをグループ化

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
調整レイヤーをグループ化して、レイヤーマスクを適用する手順を解説します。
講師:
04:33

字幕

このビデオでは複数の調整レイヤーを作って 最終的にレイヤーマスクで 範囲を指定する手順をやってみようと思います この画像がありますが 下の雪の部分は少し暗いのと 色が青みがかっているので まず この部分だけ見ながら 色調整していきたいと思います それではまず調整レイヤーの 「色相・彩度」を出します この辺は青みが強いので チャンネルを「シアン系」にして彩度を下げます すると青みがだいぶ消えますね ただ こうすると空の部分も影響を受けます 空はこちらの色から変えたくないのですけれど 今は放っておいてください ここだけ見て作業していきます そうしたら次は「カラーバランス」を出して まだシアンに傾いているので マゼンタにちょっと傾けてあげると より自然な色合いになりました では全体がちょっと暗いので 「トーンカーブ」を出してトーンカーブの調整で 若干 明るい感じにします これで下の川の部分はだいぶ良くなったのですが 上はあまり良くないことになりましたね ここからですが調整レイヤーで 特定の範囲にかけたいときは レイヤーマスクに範囲を作るのですが 複数の調整レイヤーがある時 ひとつひとつ作っていると面倒ですね そういう時はまず ここの調整したい部分だけを見て 調整してしまってから この3つのレイヤーを一度に選びます まず片方の端を選んでいる状態で Shift キーを押しながらもう一端を選ぶと このようにいっぺんに選びます そうしたら こちらのメニューから 「レイヤーからの新規グループ」を クリックすると OKして グループにまとめることができます ここから大事です このグループには実は グループのレイヤーマスクを作れます このフォルダの所が選ばれている状態で 「レイヤーマスクの作成」を押すと このようにグループに対して レイヤーマスクができました では このレイヤーマスクを選んだ状態で Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら Aを押します そして Shift を押しながら Delete を押して 内容「ブラック」で塗りつぶしを行います そうするとマスクされて 全部効果がなくなりました ではcommandもしくはCtrlを押しながら Dを押して 解除します そうしたらブラシを持ちます 大きめのブラシにして 描画色を白で このマスクに対して こちらの下の方を塗っていくと さっきの調整結果がー このように反映されます ここまでにしておけばー 上は全く影響がないのですが 下にだけこれらの調整レイヤーの影響が かかっている状態になります それぞれの項目の 内容を示すアイコンをダブルクリックすれば 再び調整もできます このスライダを動かせば 改めて下半分だけどんな風にでも 加工することもできます グループに対してレイヤーマスクを作る これは結構使えるので ぜひとも覚えておいてください

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。