Photoshop色調整マスターコース

肌の色を調整する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真中の、人物の肌色のみを調整するテクニックを解説します。
講師:
03:06

字幕

このビデオでは 肌の色の修正について解説します この写真ですが モデルの方にズームしてみると 顔の色が赤みがかった感じになっています これを解消する手順をやってみましょう ではまず「色調補正」の 「色相・彩度」を出します この顔の部分 赤系の色が多いので チャンネルを「レッド系」にします これでどれ位に適用されているか 判断するために 彩度をグッと落としてみると こんな感じになっています もう少し肌の色に適したところが カバーされる感じで 少し範囲を広げます これで肌の部分は カバーされた感じですね 彩度を調整できるので 中央から少し 左寄りにすると 元はけっこう赤みがかっていましたが これぐらい自然な肌色の ところまで持ってきます この状態だと 全体の同じぐらいの赤みの所も 影響を受けてしまうので レイヤーマスクを選んで Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら Aを押します そして Shift を押しながら Delete を押して 「ブラック」で「OK」すると このように レイヤーマスクが適用されるので 選択範囲を解除するので command もしくは Ctrl と D を押します また顔の部分にズームして ブラシを選んで 描画色は白です ブラシサイズが少し大きすぎるので 適度なところにして これで顔の部分を このマスクの上に白で塗ってあげると ここだけです このように 先ほどの色調整を適用できます 周囲と比較して ちょっと白すぎたかなというときは これで 彩度を調整すると このように最適なところに 持って来ることができます これで元と比べると だいぶ自然なすっきりした 肌色になりましたね レイヤーマスクと調整レイヤーを 併用した手法は 使用範囲が広いので ぜひとも覚えておいてください

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。