Photoshop色調整マスターコース

影をウォームアップ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
影の部分のみを選択し、そこの色を調整する手法を解説します。
講師:
03:31

字幕

このビデオでは 陰の部分の 色調整について解説します この写真の陰になってる部分 ここの色を 直したいので手順をやってみましょう まず このレイヤーをドラッグしてきて この新規レイヤーのところに重ねて 1枚コピーします 「イメージ」の「色調補正」から 「2階調化」を選びます 2階調化を選ぶと  このしきい値の設定によって 完全に白か黒にきっぱり 分けることができるんですね 陰の部分だけがほぼ残る位にもっていきたいので 大体こんな位でしょうかね これ位に調整して「OK」します この黒い部分だけ選択範囲にしたいと思います 「チャンネル」に切り替えると これが完全に白と黒しかないので 全部一緒なんですね この状態でこの選択範囲作成をすると ここに従った選択範囲ができます では選択範囲を保ったままで こっちのレイヤーは要らないので 見えなくして 元の「背景」のレイヤーを選びます 今 選択範囲は空とかが選ばれている状態なので 「選択範囲」から「選択範囲の反転」を 実行して こっちの陰の部分だけを選ぶようにします 「カラーバランス」を作ると レイヤーマスクを伴った状態で 「カラーバランス」ができました これで このカラーバランスを動かすと 例えば一番効くのがイエローのところですね もっていくと 陰は陰ですけど大分 色がきちんとついた状態になりましたね こちらも動かすと 色がウォームな感じになったり 緑が鮮やかになったりと 有る無しでかなり違いますね ただこの大きさで見ると いいように見えるんですが 一回極端に設定してみましょう 拡大してみると さっきの選択範囲のでき方が 2階調化でやったので 全然グラデーションになってなくて 極端なんですね こういう場合には この「レイヤーマスク」を ダブルクリックして この「ぼかし」を適度にー 適用してあげます そして又「カラーバランス」ですね 極端ではない値に再び調整してあげます どうでしょうか 拡大しても 極端に色が飛んでいることもなく 自然な形で陰に色を載せることができました

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。