Photoshop色調整マスターコース

特定の色をサンプリングして調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カラーサンプルツールを使って、特定の色に合わせる手法を解説します。
講師:
03:21

字幕

このビデオではカラーサンプラーツールを使った 色調節を解説します 今 開いているこの写真ですが 全体がちょっと不自然に赤みがかっています このタクシーもイエローキャブと言うくらいで ほんとはもっと黄色いんですけど ちょっと変な赤みが入ってしまっています これを簡単に直す方法を解説しようと思います まず第一段階は 今回特にこのタクシーが目立っているので このタクシーの色 正しい色はどんな色かというのを あらかじめカラーピッカー上で作ります タクシーのこんな色が正しいかなと思う色を あらかじめ作りました このカラーピッカー上で調整してこの色に タクシーがなってくれれば自然かなと思います その色ができたらRGBの値を確認します Rが216 Gが132 Bが0 この数値をちょっと覚えておきます これは一度閉じてしまいます ここを長押しして カラーサンプラーツール というのがあるのでこれを持ちます そしたらタクシー上の ここにしましょう 平均して色が安定していそうなところを クリックします するとこの場所の色がこの位置に出ます ポイントがついていますね 一回クリックした場所の色を ずっと表示し続けます 224 102 0 さっきの数値と こっちの色の数値とだいぶ違いますね なのでこの場所の色がこれと一緒になれば 全体も直るであろうと そう言った見込みで作業してみましょう では色調補正からカラーバランスを出します その上でこのインフォーメションのパネル 情報のパネルも この i というところを クリックして出しておきます さあ まずカラーバランスですけど この輝度を保持のチェックを外しておきます これを外さないと複数の数値が 一度に動いてしますので これを外しておきます そうしたらこの3本のスライダーを動かすと それぞれRGBの数値が動きます 見てていただくと… このように綺麗に このRのチャンネルだけが動きますね さっきのサンプルの色が 216 だったので 216 になるように持っていきます そしたら次グリーンですね 132だったので 132になるまで動かして持っていきます Bは変わらないですね 0のままでいいので 216 132 0と この部分がさっき作ったこの色と 一緒になったということですね さあその結果を見てみましょう 修正前はこれです かなり不自然な赤みが出ていたのが すっきりとして このタクシーの黄色もだいぶいいですよね こんな感じで特定の場所の色を 理想の色に合わせると そんな方法で色調整を行なうことが可能です

Photoshop色調整マスターコース

Photoshopでもっとも多く行われる作業のひとつが色の調整です。このコースでは色合いのコントロールや色かぶりの除去、特定領域のカラー調整や部分的なカラーの補正、肌のトーンの調整などすぐに使うことのできる実践的なテクニックを紹介しています。Photoshopを日常的に使っている人でも、色調整に関する便利なテクニックや役に立つ機能を知ることができるでしょう。

1時間46分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年06月11日
再生時間:1時間46分 (35 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。