初めてのMaya テクスチャリング、ライティング、レンダリング

ハイパーシェードでシェーダを作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ハイパーシェードウィンドウでのシェーダーの作り方を解説します。
講師:
09:11

字幕

このレッスンではmayaで シェーダシェーダを作る時に欠かせない ハイパーシェイドというエディタの説明をします Mayaでオブジェクトがどのように レンダリングされるかは 表面の外感とライティングの 2つによって決まります このような表面の状態を決定するのが マテリアルとテクスチュアが 組み合わされたシェーダです ハイパーシェードでこのシェーダの作り方を 学んでいきましょう まず初めにプロジェクトの設定します ファイル プロジェクトの設定を選びます そしてこのMaya_renderingという ダウンロードしたこのコースの教材の プロジェクトに設定します そしてフィイル シーンを開く 0101スタートというファイルが ありますのでそのシーンを開いてください 次にメンタルレイを後々使うんですけど メンタルレイのレンダラーのプラグインを まずロードしないといけないかもしれないので その説明をします ウィンドウ レンダリング エディタ レンダー 設定に行きますと このように使用するレンダラーとあります この中にメンタルレイっていう このチョイスがない場合メンタルインのプラグが ロードされていません ですのでその場合は ウィンドウ 設定プリファレンス プラグインマネージャ これ一番下ですね 設定プリファレンス プラグインマネージャを選びまして このリストの下のほうに このメンタルレイフォーMaya2015 これですね アプリケーションズです メンタルレイフォーMaya2015 maya to メタルレイバンドル maya to MRバンドルっていうのが ありますので このロードと自動ロード 両方チェックマークをつけてください 左マウスクリックを押すと チェックマークがつきます 閉じて下さい これでメタルレイのレンダラーの プラグインがロードされました 次にハイパーシェーダのウィンドウの 開け方なんですけども ウィンドウ レンダリングエディタ ハイパーシェード これですね これを選びます ハイパーシェードなんですけども 3つメインエリアがありまして 1つ目が作成バー 2つ目がここですね 上部タブといいます ここが作業領域タブといういのですけど どのシェーダを作るか どのマテリアルとテクシスチャを 作るのかというとこの 作成バーの中に入っています これをクリックすることによって こちらにそのマテリアルと テクスチュアが作られます これがコレクションです いわゆる こっちにmayaのシェーダがありまして こちらにメンタルレイレンタラー用の シェーダがあります そしてこちらなんですけども この上部タブにはすでに作られた シェーダ この3つは元々シーンにあるシェーダでして 新しいシーンを作った場合 大体この3つのシェーダが必ず入っています これらのシェーダは 持ってあるシェーダで消すこともできません 他にもここにタブありまして これによって今あるテクスチャ 今このシーンに1つも作られていませんので 何も表示されません ユーティリティやレンダリングライト ライトも1つも作ってないのでありません そしてこの4つのカメラなどなど このタブをクリックすることによって 選ぶことができます この下の作業領域タブですけども ここで実際にテクスチャとマテリアルを くっつけたりとかそういう作業するエリアです ではマテリアルを作ってみましょう ここのマヤのこれですね サーフェスというのを押しますと サーフェスのシェーダが作られます これは光がオブジェクトに当たったときに どのような光を介してくるか カメラに向かって返してくるかというのを 決定するシェーダなんですけども この中の1つBlingシェーダこれを作りましょう するとここにBling2というものができます 作業領域にも表示されます これが今作ったシェーダです これにテクスチャを貼りたいと思います えーこちらでテクスチャを作るんですけど このマヤの2Dテクスチャ これをクリックしてください これを左マウスクリックしますと こちらにいろんなテクスチャが出てきます このうちからチェッカというものを選びます チェッカというものは あの チェッキングパターンですね 白と黒の これを左マウスで一回クリックします するとこのように チェッカというものができますので これはどのように このチェッカを配置するかという モードなんですけども 今この2つができました そしてこのチェッカを マテリアルにつなげます この作業領域でこれがすることができます どうするかというと簡単なんですけども これを中央のマウスを押しこみながら こちらに持ってきます このように名前が変化しまして チェッカ1という名前も表示されています チェッカ1の上で中央マウスボタンを押して 持ち込みながらBling2 Bling2ですね この上でマウスボタンを離します するとこのように どのアトリビュートにつなげるかというのが 出てきますのでここはこのColor3つ目ですね リストの3つ目のColorというのを選びます これを左マウスでクリックします するとこのようにあの表面のシェーダの色が このチェッカのパターンに 変わります 今このマテリアルのColorというアトリビュートに チェッカというものをそのままつけました そしてこのマテリアルのオブジェクトに つけたいのですけども えーいくつか方法がありまして まず始めに簡単な方法としては これを このマテリアルの上で 中央のマウスボタンを押し込みながら こちらの方に持っていきます このウィンドウに持ってきて こちらの方に持っていきます このウィンドウに持ってきて オブジェクトの上に離します テカリが出ましたけどこれはあの 元々このテーブルクロスは lambert1という光沢のない マテリアルを使っていたのですが 今このBling2という光沢のある マテリアルに変わりましたので 少しテカリが出てきました この上でキーボード の6のボタンを押して下さい 6のボタンを押してもらうとこのように あのーチェッカのテクスチュアが現れます キーボードの6は テクスチュアのディスプレイを可能にします これが第一のパターンです 1回これを元に戻します 2個目の方法としましては このオブジェクトを先に選んでおいて そしてこちらのウィンドウで このBling2の上で右のマウスボタンを 押します 押してそのまま そのままにしてこのマテリアル 選択項目に割当を選びますと こんな風にテクスチュアがつきます もう一度元に戻します もう1つの方法は今2つ目の方法でしたね 3つ目の方法はこのオブジェクトの上で 右のマウスボタンを押し込みながら 既存のマテリアルの割り当てというものがありますので この既存のマテリアルの割り当てのBling2これですね これを選びます するとこのようにこのマテリアルが このオブジェクトに割り当てます このように3つの方法があります こんな風にハイパーシェードは シェーダを制作するためのウィンドウでして この作例以外にも もっと複雑なシェーダを この作業領域で作ることができます できるだけ使いこなしていきましょう 以上ハイパーシェードエディタの説明でした

初めてのMaya テクスチャリング、ライティング、レンダリング

このコースではMayaでハイパーシェードを使ってマテリアルシェーダを構築してオブジェクトや環境にテキスチャをつけたり、また投影の配置やUVマッピングする手順などを解説します。被写界深度のコントロールの方法やモーションブラーの設定方法などを学び、カメラやレンダリングのツールを使って微調整したのち、最後にシーンをリアルに表現する手法について説明します。

2時間36分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月30日
再生時間:2時間36分 (20 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。