初めてのMaya テクスチャリング、ライティング、レンダリング

テクスチャの種類

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
大きくわけて三種類あるテキスチャについて解説します。
講師:
08:57

字幕

このレッスンでは大きく分けて 3 つある テクスチャの 種類について解説します まず第一にプロシージャルと ファイル テクスチャの違いについて 説明します [ウィンドウ] [レンダリング エディタ] [ハイパーシェード] で ハイパーシェード ウィンドウを開きます この左側に えー 「作成」 タブですね 「2D テクスチャ」 とありますけれども この 2D と 3D テクスチャ これほとんど プロシージャル テクスチャ と言われるテクスチャで どういうことかと言いますと テクスチャ へ行って 「checker1」 を選びます この えー 上部タブ 「テクスチャ」 タブを選んで 「checker1」 を選びます するとこのように カラー 1 2 コントラスト というアトリビュートが 付いてまして これを動かすことによって それか このカラーの中 選んで 違う色を選ぶことによって このテクスチャの具合を 変えることができます これがプロシージャルテクスチャと言いまして Maya が作っているテクスチャです もう一つこの中に ファイルというテクスチャがあるんですけども これだけ一つ違います このファイルというのを選びますと このように file という テクスチャ ノードが作られまして この file のテクスチャ ノードには 「イメージの名前」 というアトリビュートがあります これをクリックしますと sourceimages のフォルダに 飛びまして 中にこのように seamless-tablecloth -texture.gif というのがありますので これを選びます するとこのように このイメージがテクスチャになります このマテリアル blinn2 を 中央のマウスボタンを押し込みながら 作業領域に持っていきまして 今まだこの あのー チェッカのテクスチャが 付いているんですけれども この file1 また中央のマウスボタンを 押し込みながら この blinn2 のほうに持っていきます マウスのボタンを放しますと この入力の接続のウィンドウが出てきますので この中から 「color」 color カラーを選びます するとこんな風に テクスチャが 割り当てられます このテクスチャは あのー Photoshop とかで 描いたりしたテクスチャなんです えー だからこのテクスチャには プロシージャル テクスチャのような 色を変えたりとか 格子の模様の 細かい具合とかを変えたりとか そういうことはできません それをしたい場合は Photoshop に持っていって テクスチャ自体を変える必要があります でも あのー 自分の好きな えー 写真とか絵をテクスチャにできるので このファイルテクスチャというのは 大変重要です あともう一つこの [イメージ シーケンスの使用] [イメージ シーケンスの使用] の このチェックボタンを押しますと このイメージの番号というのを えー 付けることができまして たくさんの テクスチャに番号を付けたイメージを 使うことによって アニメーションしたテクスチャを オブジェクトに付けることもできます ちなみにあの この あの 普通の プロシージャル テクスチャですけども テクスチャにまた戻りまして この checker1 選びまして この blinn2 に 中央のマウスボタンを押し込みながら 持っていって放します えー このウィンドウですけど 普通の Maya の ユーポートのように Mac なら [Option] ボタン PC なら [Ctrl] ボタンを 押し込むことによって このように 動き回ることができます 今 えー 左マウスボタンを押しながら 持っていきました この checker1 これ 左マウスボタンを押し込みながら blinn2 に入れますと color を選びます また元のようにチェッカになります この checker1 なんですけど 今プロシージャル テクスチャ なんですけれども これを ファイル テクスチャにする方法があります どうするかと言いますと この順番は関係ないですけども この blinn2 のテクスチャを 選びまして 次に [Shift] キーを押しながら この えー テクスチャの付いてる このシェーダの付いているオブジェクトを 選びます 2 つ選びます そして 「編集」 「ファイル テクスチャに変換」 ここですね 「編集」 「ファイル テクスチャに変換」 を選びますと この また新しくテクスチャ できたのがわかりますが 新しくファイル テクスチャ 2 つできまして えー チェッカのファイル テクスチャと そうですね そしてこの えー このノイズ 表面のバンプマップ用の ノイズ のテクスチャもできます ちなみに あの マテリアル自体も blinn3 という 新しいマテリアルが作られて それが新しく このオブジェクトに割り当てられています これがまぁ あのー 大きく分けた プロシージャル テクスチャというものと ファイル テクスチャの違いなんですけれども このプロシージャル テクスチャにも 2 つありまして 2D テクスチャと 3D テクスチャというのがあります えー この 2D テクスチャと 3D テクスチャの違いなんですけれども 2D テクスチャは包装紙のように このテクスチャ貼ってあります これ 2D テクスチャなんですけれども 包装紙のように こう 上からかぶせたりとか あと 周りを包んだりとか した感じのテクスチャの 付け具合なんですけれども えー この 3D テクスチャの場合は オブジェクトはそのテクスチャの この液体に付けた感じ になります どういうことかと言いますと このサーフェスの球を まず 1 つ作ります これに 3D テクスチャを付けましょう えー これの えー この球の上で 右マウスボタンを押し込みながら このウィンドウから 「お気に入りのマテリアルの割り当て」 というのを選びまして 「blinn シェーダ」 を選びます この blinn シェーダ まず始めに 2D テクスチャを付けます 2D テクスチャの えー この場合は 「フラクタル」 これですね 2D テクスチャのフラクタルを選びます こう見るとわかりますけど うまいことテクスチャ乗ってるんですけど この上の部分 点がたくさん集まっていて この ナーブスの サーフェスの UV という テクスチャを配置する コンポーネントがあるんですけど それが一カ所に集まっているためにこのように つままれたように こう 上で細かくなっています 3D テクスチャの場合 どうなるかと言いますと このスフィア 一回複製しましょう [編集] [複製] この球を選んで [編集] [複製] しまして これを右側に持っていきます で 新しくテクスチャを付けましょう 新しいマテリアル 「お気に入りのマテリアルの割り当て」 で 新しくblinnシェーダをもう一個作ります blinn ファイル できました このチェッカのボタンを一回押しまして 今度は 3D テクスチャに 「ソリッド フラクタル」 という フラクタルのテクスチャが 同じようにありますので これをまず付けます このようにです 周波数を少し上げましょう これぐらいかな 周波数 上げまして これをまたレンダリングして見てみましょう これ 2 つ選んで F キーを押して キーボードの F キーです そしてこのレンダリングボタンを押します こんな風によくおわかりだと思うんですけど この上の部分 3D テクスチャの場合は この えー 絞った感じがありません 一番上に どうしてかと言うと このオブジェクトを こう全体から こう包むように テクスチャが割り当てられています その違いです このように 3D テクスチャも 2D テクスチャも大きく使い方が違います Maya にはたくさんのテクスチャを オブジェクトのマテリアルに 割り当てる方法がありまして テクスチャ自体もたくさん 種類があります 適宜 一番良い方法で テクスチャを付けていきましょう 以上 テクスチャの種類についての説明でした

初めてのMaya テクスチャリング、ライティング、レンダリング

このコースではMayaでハイパーシェードを使ってマテリアルシェーダを構築してオブジェクトや環境にテキスチャをつけたり、また投影の配置やUVマッピングする手順などを解説します。被写界深度のコントロールの方法やモーションブラーの設定方法などを学び、カメラやレンダリングのツールを使って微調整したのち、最後にシーンをリアルに表現する手法について説明します。

2時間36分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。