初めてのMaya テクスチャリング、ライティング、レンダリング

ライトでファイルテキスチャを投影

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではスポットライトをプロジェクターの様に使い、イメージやイメージシーケンスのファイルをオブジェクトに投影するテクニックについて説明します。
講師:
04:40

字幕

このレッスンでは 「スポットライト」を使って スライド映写機のように テクスチャを 投影する方法について 解説します 「スポットライト」には 単にシーンを照明するだけでなく 映写機のように テクスチャを投影できる ユニークな使い方が あります では その方法を見てみましょう このシーンには この「スポットライト」 ここからこの ナーブスの プレーンに テクスチャを 照射します まず初めに この「スポットライト」を 選びます このテクスチャを どこにつなげるかといいますと この「カラー」 ここですね ここを一回クリックしまして そして ファイルテクスチャ 2Dの ファイルテクスチャを 使用します そして このイメージの名前で ソースイメージに 行きまして ソースイメージに 「グラフ」という "graph.gif"というファイルがありますので それを 開いて下さい そして このビューポットでは 見れないんですけれども レンダリングすると こんな風になります このように テクスチャが ナーブス プレーンに 照射されます 今これ 反対になっているんですけれども これを直すにはー 一番簡単な方法は このスポットライトの この チャンネルボックスに 行きまして ここですね 一番右側のこの上のボタンを押すと チャンネルボックスに 行きますので この回転の"Z" これを180度 回転させてあげます この スポットライトの 回転の"Z"を 180度 変えますと レンダリングしたら こんな風に 元のきちんとした方向に照射されます と まあこんな風に 色んなテクスチャを 照射できるんですけれども これには使用方法が 沢山ありまして こんな風に スライドプロジェクター みたいなのを シュミレーションする方法も ありますし 窓から 木とか窓とかの影が 落ちたりするようなー 感じの シーンを 作ることもできます ここですね この「カラー」の所 クリックして 例えばこの "treeShadow.jpg" というのを開きますと こういう感じに なりますので この木のテクスチャを 地面におろしたりとか すると 窓から木の影が落ちてるような 感じになったりします あと このテクスチャなんですけれども 「イメージシーケンスの使用」 と言うのがありまして これは私の「イメージ」フォルダーに行きますと このようなテクスチャが ありますので この "yukidaruma0001.jpg" というのを選びます これは 「イメージシーケンス」 と 言いまして 沢山の アニメーションした イメージになっています 今「クイックタイム」のプレイヤー7を開いて アニメーションを見せられるので これで見せます このイメージシーケンス こんな感じになっています 32フレームの アニメーションに なっているんですけれども これをここに照射して 1フレームごとに アニメーションさせることができます この「イメージシーケンスの使用」 と言うのがありますのでこれを押して下さい 左マウスで クリックしますと イメージの番号が "1" と出て で フレームを変えるごとに イメージ番号も 変わっていきます 1フレーム目は この 一番初めの 位置にいます そして32フレームまで 行きますと で レンダリングしますと このように 最後の位置に 「雪だるま」がいます これを レンダリングしますと また 「クイックタイムプレイヤー」の7で この映像を 開けますが この映像は この「イメージシーケンスの使用」を使って 32フレームの イメージの シーケンスを この ナーブス プレーンに 投影したやつを レンダリングしたものです こういう感じに まるで 映画の映写機のように投影されます このような 使い方もできます こんな風に スポットライトを使えば 映画やスライドの映写機や 窓から落ちる木の窓の影の様子なども シーンに投影できて とても便利です 以上 「 スポットライト」を使った テクスチャの投影の方法について 解説しました

初めてのMaya テクスチャリング、ライティング、レンダリング

このコースではMayaでハイパーシェードを使ってマテリアルシェーダを構築してオブジェクトや環境にテキスチャをつけたり、また投影の配置やUVマッピングする手順などを解説します。被写界深度のコントロールの方法やモーションブラーの設定方法などを学び、カメラやレンダリングのツールを使って微調整したのち、最後にシーンをリアルに表現する手法について説明します。

2時間36分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月30日
再生時間:2時間36分 (20 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。